Pocket

今回は、ホープフルステークス2017の最終予想と穴馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中央競馬、今年最後のGⅠ、皐月賞と同じコースで今後にも繋がるレースです。

今年の中央競馬、最後のGⅠ的中で締めくくりたいですね。

それでは、最終予想と穴馬の調教・最終追い切り後の

評価をしていきたいと思います。

 

【ホープフルステークス2017】穴馬の調教・最終追い切り後の評価

<ジュンヴァルロ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.7 38.8 25.7 13.4

12/17 栗坂良 馬なり
→1回 54.4 39.6 25.6 12.7
シュヴァルグランを0.6秒追走同入

12/20 栗CW良 強 目
→83.0 66.7 52.4 38.2 12.2

12/24 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 40.1 26.5 13.2

【調教評価】

舌がハミを越していたが、

モタれたりするわけではなく軽快なフットワーク。

冬場だが馬体の張りも素晴らしい

今回も力を発揮。

 

<ナスノシンフォニー>

(前回) 南W良 馬なり
→53.8 39.0 12.5

12/17 南坂良 馬なり
→1回 56.2 41.4 27.2 13.3

12/20 南W良 直強目
→84.1 68.6 54.3 40.6 13.9
グリターテソーロの外を1.0秒追走0.6秒先着

12/24 南W稍 馬なり
→55.2 41.1 14.1

【調教評価】

20日に6ハロンから併せ馬で追い切って好時計で先着。

直前は半マイルから。

しっかりとハミを取って、集中力十分の走り。

身のこなしも軽快。

一戦毎に着実に成長している。

 

<ウォーターパルフェ>

(前回) 栗坂稍 強 目
→1回 55.6 40.9 26.3 12.6

12/17 栗坂良 馬なり
→1回 59.1 43.4 28.4 14.1

12/20 栗坂良 一 杯
→1回 54.6 39.5 25.5 12.4

12/24 栗坂良 馬なり
→1回 57.3 41.0 26.3 12.8

【調教評価】

20日(水)が本追い切り。

ラストはあまりスピード感がなかったが、

1ハロン12秒4ならこの馬とすれば速い方。

マズマズの気配。

 

<マイハートビート>

(前回) 栗CW良 馬なり
→52.0 38.5 12.4

12/17 栗坂良 一 杯
→1回 54.5 39.4 25.6 13.2

12/21 栗坂良 一 杯
→1回 54.1 38.6 25.3 12.8
ララベスラーナを1.0秒追走同入

12/24 栗P良 馬なり
→74.2 58.3 42.7 13.1

【調教評価】

直前は息を整える程度で済ませたが、

リラックスしてスムーズな走り。

馬体減りや硬さも見られない。

デキ落ちはなさそう。

 

<ロードアクシス>

(前回) 栗CW良 一 杯
→72.8 55.5 40.6 11.7

12/14 栗CW良 末強目
→72.4 55.9 40.6 12.5

12/21 栗CW良 馬なり
→85.0 68.0 52.8 39.0 12.1
ヨウライフクの内を0.5秒追走同入

12/24 栗坂良 馬なり
→1回 59.8 43.8 28.5 14.4
ジョインフォースを0.1秒追走クビ先着

【調教評価】

21日(木)が最終追い切り。

最後まで手前を替えなかったが、

行きっぷりが良く、走り自体は軽快だった。

軽目調整のこの厩舎の中3週とすれば、

しっかり乗り込まれている

 

<リュヌルージュ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→70.4 54.4 40.2 12.4

12/20 栗坂良 馬なり
→1回 58.9 43.7 29.1 14.3

12/24 栗CW良 馬なり
→70.3 54.6 40.4 12.6
アリエスジューゴーの内を1.2秒追走0.1秒先着

【調教評価】

コンパクトな馬だが、

行きっぷり良く追走先着。

時計以上の伸び

重心の低い走りで高いレベルで安定。

 

<トーセンクリーガー>

(前回) 南W稍 馬なり
→54.1 39.0 13.1

12/13 南坂良 馬なり
→1回 55.7 40.5 26.3 12.8
トワノホホエミを0.7秒追走同入

12/20 南坂良 一 杯
→1回 56.1 39.7 25.1 12.1
シャインヴィットゥを0.5秒追走同入

12/24 南坂良 一 杯
→1回 55.2 40.1 25.7 12.4
キョウワスピネルを1.0秒追走0.2秒先着

【調教評価】

アイシールドを着用。

ビッシリと追われて追走先着。

頭は高いが、スナップの利いた力強い走り。

 

<シャフトオブライト>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.2 38.2 25.0 12.6

12/24 栗坂良 馬なり
→1回 58.2 42.7 28.3 14.0

【調教評価】

中1週で輸送もあるので15―15より少し速い程度の時計。

それほど活気があるわけではないが、

硬さや馬体細化はなく、デキは安定。

 

<ワークアンドラブ>

(前回) 栗B良 馬なり
→44.8 12.5

12/20 栗芝稍 一 杯
→66.6 50.7 36.9 12.0
トウカイボヌールの外1.2秒先着

12/24 栗CW良 一 杯
→84.2 69.0 54.2 39.7 13.5

【調教評価】

ラストは13秒5と時計を要したが、

フットワークそのものは悪くはない。

ハミ受けもスムーズで癖がない。

あとは相手関係と芝適性。

 

【ホープフルステークス2017】穴馬の調教・最終追い切り後の評価

今回は、ホープフルステークス2017の穴馬の調教・最終追い切り後の評価を

していきました。

現時点で気になっている穴馬

人気ブログランキングにて公開しています

この馬人気ブログランキングへ

持久力と勝負根性がある。

中山2000mも脚質的にも丁度よく合うと

思うし、自分のリズムで行けば良いと思う。

 

【ホープフルステークス2017】最終予想

◎09サンリヴァル
〇07タイムフライヤー
▲11フラットレー
☆10ルーカス
人気ブログランキングへ
△16シャフトオブライト
×03050608131517

穴馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

馬連

◎-〇▲☆穴

馬単

◎→〇▲☆穴

三連複

◎-〇穴△-印

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク