Pocket

今回は、フェブラリーステークス2018の

GⅠ予想と各馬の調教・一週前追い切りの分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

短距離、中長距離路線から砂の猛者が集まる東京マイル戦。

時には波乱になることもあることもあるだけに、

しっかり、人気馬、穴馬の取得を考えていきたいです。

今年最初のGIということで、気合も入りますし、

的中目指して頑張って予想していきます。

 

【フェブラリーステークス2018】各馬の調教・一週前追い切りの分析

<インカンテーション>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.3 39.9 26.2 13.0

2/1 栗CW良 一 杯
→79.7 64.2 50.2 37.8 12.6 ⑤
サンティーニの外を0.4秒先行同入

2/8 栗CW良 稍一杯
→82.9 65.6 51.1 37.8 12.1 ⑧
サンティーニの内を0.6秒追走アタマ遅れ

【調教評価】 (8日、栗東CW)

若干太く見せるし、格下馬にアオられたのは不満だが、

稽古はいつもムラがある馬。

今週のひと追いで馬体が絞れるなら、悪くはない。

 

<キングズガード>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→84.7 68.4 53.8 39.6 12.2 ⑦

2/8 栗坂良 末強目
→1回 53.8 39.5 25.6 12.7

2/11 栗坂不 馬なり
→1回 56.2 40.9 26.4 12.8

【調教評価】(8日、栗東坂路)

バネの利いたフットワークで軽快に登坂。

ひと息入っていた前走を叩かれて、

馬体の張りも良くなってきている。

上積みが見込めそう。

 

<ケイティブレイブ>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 54.2 39.3 25.4 12.7

2/8 栗坂良 馬なり
→1回 58.2 43.2 29.0 14.7

2/11 栗坂不 馬なり
→1回 60.0 44.4 29.8 15.0

【調教評価】 (8日、栗東坂路)

レース間隔が詰まっているので、サーッと流す程度で十分。

特に硬さも見られずスムーズな動き。

疲れはなさそうだ。

 

<ゴールドドリーム>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.1 37.3 24.0 11.8

2/4 栗CW良 馬なり
→88.4 72.5 57.1 41.9 13.3 ⑧
サダムラピュタの内を0.6秒追走0.2秒先着

2/7 栗坂良 一 杯
→1回 51.1 37.2 24.1 12.1

【調教評価】 (7日、栗東坂路)

内目を通る形だったとはいえ、好時計でまとめてきた。

ビシッと追われたことで、

多少ゆとりのある馬体も締まってきそう

 

<サウンドトゥルー>

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 54.7 40.1 26.2 13.0

2/11 南坂重 馬なり
→2回 56.9 40.9 26.4 12.9

【調教評価】 (11日、美浦坂路)

外目を単走で上がってくる。

ゴツゴツしているのはいつものこと。

馬体には張りがあり、パワフルな走りだった。

 

<サンライズノヴァ>

(前回) 栗坂稍 一 杯
→1回 53.2 38.4 24.6 12.4

2/11 栗坂不 馬なり
→1回 57.8 43.4 28.6 14.4

【調教評価】 (11日、栗東坂路)

馬なりでサッと。一歩一歩確かな脚取り。

馬体にも無駄がなく、引き続きいい状態。

 

<テイエムジンソク>

(前回) 栗CW稍 直強目
→83.4 66.4 51.2 38.6 12.8 ⑧

2/7 栗CW良 叩一杯
→84.4 66.9 51.2 37.5 12.4 ⑦

2/11 栗坂不 馬なり
→1回 56.4 39.5 24.5 12.5

【調教評価】 (7日、栗東CW)

いつものように道中行きたがるが、

この馬としては直線バテなかった。

いつもより内を回って66秒9は不満だが、

馬体の張りは素晴らしい。高いレベルで安定。

 

<ニシケンモノノフ>

(前回) 栗坂稍 一 杯
→1回 50.9 37.4 25.2 13.2

2/8 栗坂良 馬なり
→1回 56.3 40.4 25.9 13.0

2/11 栗坂不 馬なり
→1回 56.2 41.0 26.4 12.6

【調教評価】 (8日、栗東坂路)

前走は久々に芝の競馬を使って惨敗に終わったが、

走りを見ると特にダメージは見られない。

体もボリューム感があっていい感じ。

デキに関しては不安なし。

 

<ノボバカラ>

(前回) 南W稍 馬なり
→69.3 53.8 39.1 13.0 ⑨

2/8 南W良 一 杯
→68.1 52.3 38.4 12.9 ⑧

2/11 南W稍 馬なり
→58.9 42.5 14.1 ③

【調教評価】 (8日、美浦南W)

単走でそれなりの時計はマーク。

体をノビノビと使えており、

集中力も感じさせた。力は出せそう。

 

<ノンコノユメ>

(前回) 南W稍 馬なり
→84.4 68.3 53.5 39.1 13.4 ⑥

2/7 南坂良 馬なり
→2回 58.8 43.6 28.8 14.3

2/11 南坂重 馬なり
→2回 56.8 42.5 27.8 13.4

【調教評価】 (7日、美浦坂路)

単走で軽く上がってきたが、

馬体は維持しているようだし、

ピッチ走法でキビキビとした走り。

 

<ベストウォーリア>

(前回) 栗坂稍 一 杯
→1回 53.0 38.4 25.3 13.0

2/1 栗坂良 馬なり
→1回 66.2 47.1 30.3 14.1

2/7 栗CW良 強 目
→84.7 67.3 52.7 39.2 12.4 ⑥

【調教評価】 (7日、栗東CW)

フレグモーネで取り消した後だが、症状はごく軽く、

普段の重心の低い動きと筋肉が浮いた

パワフルな馬体は変わりはない。

折り合いもピタリ。

 

<メイショウスミトモ>

(前回) 栗坂稍 末一杯
→1回 57.3 41.4 26.3 12.6

2/11 栗坂不 末強目
→1回 56.8 40.6 25.8 12.4

【調教評価】 (11日、栗東坂路)

上がり重点で追われて、マズマズの反応。

馬体のボリュームを保ち、順調にきている。

 

<レッツゴードンキ>

(前回) 栗坂重 末強目
→1回 55.3 39.7 25.1 12.0

2/8 栗坂良 一 杯
→1回 49.7 36.2 23.7 12.0

2/12 栗坂稍 馬なり
→1回 55.7 40.1 26.0 12.9

【調教評価】 (8日、栗東坂路)

少し内目を通ってはいたが、

49秒7という猛烈な時計をマーク。

香港に遠征した前走は体を大きく減らしていたが、

今はすっかり回復した様子。

 

<ロンドンタウン>

(前回) 栗CW稍 直強目
→83.3 66.4 51.0 37.5 11.7 ⑦

2/7 栗CW良 一 杯
→81.5 65.8 51.5 38.4 12.8 ⑧
ラハトケレブの内を0.5秒追走0.2秒先着

2/11 栗CW不 馬なり
→60.6 45.3 14.0 ⑦

【調教評価】 (7日、栗東CW)

直線落馬した馬の馬装具が落ちていたが、

スムーズに避けてハミ受けの良さが目立った。

若干腹回りに余裕があるが、体形もある。

この馬としては重心の低い走り。

 

【フェブラリーステークス2018】各馬の調教・一週前追い切りの分析まとめ

今回は、フェブラリーステークス2018の

各馬の調教・一週前追い切りの分析をしてきました。

一週前追い切りの時点で良かった馬を

紹介したいと思います。

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

徐々に絞れてきているし、

一週前追い切りもしっかりできていた。

東京の1600mは一番合う舞台ですし、

今年も好勝負できる!

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク