Pocket

今回は、フィリーズレビュー2018G2予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

本番より200m距離が短い桜花賞のトライアルレース。

昨年はここから桜花賞馬が誕生したが、

同じトライアルのチューリップ賞に

比べて本番に直結しにくいのが特徴だ。

ただ、2007年優勝のアストンマーチャンが

同年スプリンターズSを制覇、

2013年優勝のメイショウマンボは

後にオークスと秋華賞、エリザベス女王杯を制しており、

決して出走馬のレベルが低いというわけではない。

今回は、出走馬の調教・最終追い切りを

見て評価していきたいと思います。

 

【フィリーズレビュー2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価

<アンヴァル>

(前回) 栗P良 馬なり
→69.0 52.7 38.4 11.8 ⑧

2/28 栗坂良 一 杯
→1回 53.4 39.1 25.5 12.9
ロードゴラッソを0.2秒追走0.1秒遅れ

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 56.1 41.6 27.5 13.4

3/7 栗CW良 一 杯
→7F96.4 64.9 51.5 38.8 12.7 ⑦
ロードゴラッソの内を0.8秒追走クビ遅れ

【調教評価】

意欲的に乗り込み、

直前はコースで

長めから強い負荷をかけた。

馬場の荒れた時間帯ながら

時計は速いし、

目一杯追っているのはいいが、

3週連続遅れて、

中間の動きは案外。

 

<デルニエオール>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→69.1 52.8 39.3 12.5 ⑨

2/28 栗坂良 馬なり
→1回 61.4 44.0 28.0 13.9

3/7 栗CW良 馬なり
→54.3 39.4 11.9 ⑦
ダノンチェリーの内を0.2秒追走同入

【調教評価】

うまく折り合いがつき、

馬体が合ってからも

力まず走れていた。

雰囲気はいい。

実戦でもしっかり

折り合うなら力は

発揮できる。

 

<マドモアゼル>

(前回) 南W稍 馬なり
→55.4 39.9 13.4 ⑦

2/25 南坂良 馬なり
→1回 59.2 44.0 28.8 14.2

3/1 南W不 一 杯
→80.7 66.4 51.8 37.6 13.3 ⑥
アズールムーンの内を1.0秒追走0.6秒遅れ

3/7 南W良 末一杯
→53.8 39.5 13.6 ⑥
ノーブルエイムの内を0.2秒追走0.2秒遅れ

【調教評価】

意欲的な攻め過程には

好感が持てるが、

いい頃の動きには程遠い。

目立たず。

 

<レッドシャーロット>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 60.5 45.1 29.9 14.6

2/28 栗坂良 末強目
→1回 51.9 36.8 23.7 11.8

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 60.8 44.6 28.9 13.8

3/7 栗坂良 馬なり
→1回 54.0 39.4 25.8 13.2
オーラロードを0.2秒追走同入

【調教評価】

気迫のこもった走りで、

パワフルな動き。

前走時よりも気配が良化した。

 

<イサチルルンルン>

(前回) 南W良 末強目
→52.3 38.6 13.5 ⑧

2/28 南W良 馬なり
→52.1 37.4 13.4 ⑦
ボアソルチの内を1.9秒追走0.2秒先着

3/4 南坂良 馬なり
→1回 61.4 43.5 28.1 14.1

3/7 南W良 馬なり
→54.3 40.0 13.3 ⑨
リグーリアの外を1.2秒先行0.4秒先着

【調教評価】

2週続けて併せ馬で

パートナーを圧倒。

活気に満ちあふれ、

状態面には太鼓判。

 

<アマルフィコースト>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.0 41.6 26.5 12.7

2/28 栗CW良 直一杯
→85.9 69.1 53.3 38.7 12.0 ⑦
ディスピュートの内を0.1秒追走0.3秒先着

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 60.1 44.6 29.3 14.7

3/7 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 40.2 25.9 12.6
アンドリエッテを0.2秒追走0.2秒先着

【調教評価】

相手の後ろで折り合いをつけ、

直線で内へ。

手応え十分に僚馬に並ぶと、

ハミをかけ直しただけで

上々の伸び脚を披露

力んではいたが休養前よりマシで、

終いはシャープに伸びていた

体も仕上がっている。

 

<モルトアレグロ>

(前回) 南W良 馬なり
→56.3 40.6 13.0 ⑧

2/28 南W良 馬なり
→71.3 55.8 40.8 12.9 ⑧
ロジャージーニアスの内を1.0秒追走同入

3/4 南坂良 馬なり
→1回 55.8 40.1 25.7 12.7

3/7 南W良 馬なり
→52.7 38.3 12.5 ⑦

【調教評価】

もともと動きは目立つ馬だが、

脚力が違い過ぎて

併せ馬にならなかった。

前脚を大きく伸ばして、

グッと重心が沈み、気配も満点。

最後は叩きつけるようなフットワーク。

毛ヅヤもピカピカで、

文句なし。

 

<ビリーバー>

(前回) 南W稍 馬なり
→59.8 43.7 14.0 ⑦

2/25 南W良 馬なり
→54.3 40.8 13.7 ⑤

2/28 南W良 馬なり
→57.2 42.3 13.2 ⑦

3/7 南W良 馬なり
→68.2 52.0 38.7 12.4 ⑦
ウインドオブホープの外を1.7秒追走同入

【調教評価】

前走よりも前向きさが感じられ、

身のこなしにも切れがあった。

状態はいい。

 

<アンコールプリュ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.0 68.5 53.8 39.5 12.4 ⑤

3/1 栗CW稍 稍一杯
→82.5 66.5 51.2 37.6 12.1 ⑤
エタリオウの内を2.6秒追走0.9秒遅れ

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 42.5 27.7 13.7

3/7 栗CW良 強 目
→52.6 37.8 11.9 ⑥
アドマイヤセレブの内を0.7秒追走0.1秒先着

【調教評価】

仕掛けにしっかり反応して先着。

脚さばきも非常に俊敏で

スピードと反応の良さを見せつけた

仕上がりは良好。

 

<リバティハイツ>

(前回) 栗坂良 末一杯
→2回 54.7 40.0 25.8 12.5

2/28 栗坂良 馬なり
→2回 59.5 42.9 27.7 13.4
ハギノグランコートを0.1秒先行クビ先着

3/4 栗坂良 馬なり
→2回 56.3 41.0 26.3 12.8
フレグラントブレスを0.3秒先行0.1秒先着

3/7 栗坂良 一 杯
→2回 53.9 39.4 25.4 12.6
ハギノグランコートを0.8秒追走0.4秒先着

【調教評価】

しっかりとした脚取りで、

追われると素早く反応した。

気配も引き続き上々。

 

<ナディア>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 51.5 38.3 25.9 13.4

2/28 栗坂良 強 目
→1回 51.3 38.1 25.7 13.1

3/4 栗CW良 馬なり
→87.4 71.3 56.3 41.2 13.3 ⑨

3/7 栗坂良 末強目
→1回 54.2 39.6 26.1 13.3

【調教評価】

先週51秒3の好時計をマークし、

直前も素軽い動き。

気配も上向いてきた。

 

<スウォナーレ>

(前回) 西脇良 直一杯
→68.3 50.9 37.3 - ④

3/8 西脇稍 直強目
→70.5 53.1 38.4 - ⑤

【調教評価】

前回と違って当週に追い切ったが、

動きが良くなった印象はない。

平行線。

 

<メイショウコゴミ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.4 37.8 23.7 11.9

2/23 栗プール 2 周

3/2 栗坂良 馬なり
→1回 56.5 40.3 26.4 13.0

3/7 栗坂良 馬なり
→1回 54.5 38.5 24.9 12.5

【調教評価】

フットワークに素軽さがあり、

動きも活気十分。

状態は引き続き良好だ。

 

<アルモニカ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.6 38.7 25.9 13.1

2/25 栗坂良 強 目
→1回 54.9 39.9 26.3 13.6

2/28 栗坂良 一 杯
→1回 52.1 38.1 25.3 13.0

3/7 栗坂良 一 杯
→1回 53.7 39.8 26.9 13.9

【調教評価】

残り1Fまでは手応えがあったが、

追われると案外な伸び脚。

坂路では動き切れない印象だが、

芝に行けば変わるので問題ない。

 

<コーディエライト>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 54.3 39.8 26.0 12.8

2/28 栗坂良 一 杯
→1回 52.0 38.2 25.5 13.2

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 57.5 42.5 28.1 14.0

3/7 栗坂良 一 杯
→1回 53.3 38.6 25.0 12.6

【調教評価】

終始右手前のままだが、

ラストは地面を叩きつけるような

パワフルな動き。

 

<ギンコイエレジー>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 56.3 41.3 26.7 13.0

2/28 栗坂良 馬なり
→1回 56.2 40.4 25.7 12.7

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 58.2 42.2 27.7 13.8

3/8 栗坂良 一 杯
→1回 54.5 38.4 24.4 11.9

【調教評価】

力強い脚さばきで

グイグイと登坂。

追われてからも

鋭く伸びた。

好気配。

 

<ラブカンプー>

(前回) 栗坂良 強 目
→1回 55.7 40.3 25.7 12.6

2/28 栗坂良 馬なり
→1回 58.6 43.0 28.5 14.9

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 55.2 40.0 26.3 13.7

3/7 栗CW良 一 杯
→81.9 66.8 53.0 40.3 13.6 ⑨
ワンダースイルーロの外を1.0秒先行同入

【調教評価】

いつも以上に意欲的に攻められたが、

時計や伸びは目立たず。

上積みはどうか。

 

<アリア>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→82.5 65.8 51.7 38.9 12.8 ⑧

2/28 栗CW良 馬なり
→82.7 66.7 51.9 37.9 12.8 ⑥
ワンダーラジャの内を0.7秒追走4F併アタマ先着

3/4 栗CW良 馬なり
→58.5 41.4 13.3 ⑧

3/7 栗坂良 末強目
→1回 52.6 37.9 24.8

【調教評価】

直線に向くとすぐに手前を変えて、

力強いかき込み。

引き続き好調を堅持。

 

【フィリーズレビュー2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は、フィリーズレビュー2018の

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

しました。

調教・最終追い切りが良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

先週はジョッキーを

背にいい反応を見せており、

調整は順調。

素質の高さを感じるし

1400mの実績もある

桜花賞へつながるレースを

期待できる。

 

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク