Pocket

今回は、チューリップ賞2018GⅡ予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析と

予想オッズを中心とした記事

書いていきたいと思います。

チューリップ賞は、

本番の桜花賞と同じ舞台で行われる

トライアルレースのため、

重要度は極めて高いレースである。

桜花賞の主役候補の多くが

ここから始動することになる。

今年はどの馬がチューリップ賞を制するのか、

ここでは、過去データ(10年分)から

傾向を分析し馬券のポイントを

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【チューリップ賞2018】予想オッズ

1番人気ラッキーライラック     1.8
2番人気リリーノーブル           3.4
3番人気マウレア                    4.7
4番人気シグナライズ              9.0
5番人気サラキア                  14.7
6番人気スカーレットカラー   17.8
7番人気レッドランディーニ   44.8
8番人気サヤカチャン            53.1
9番人気カレンシリエージョ  130.0

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【チューリップ賞2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気 【4.3.1.2】
2番人気 【1.1.3.5】
3番人気 【1.1.0.8】
4番人気 【1.1.0.8】
5番人気 【2.0.1.7】

1番人気が圧倒的に強い傾向になっている。

1番人気の成績は過去10年で

【4.3.1.2】と優秀。

その他の上位人気も総じて強く、

人気馬が総崩れになるようなケースは

考えづらいレースということになる。。

対照的に人気薄は低調で、

1998年以降の2桁人気の連対馬は

わずかに1頭で荒れることは極めて

少ないレースということがわかる。

 

【枠順別】

1枠 【0.2.1.11】
2枠 【0.0.1.14】
3枠 【1.0.1.14】
4枠 【2.0.3.13】
5枠 【1.2.1.16】
6枠 【3.1.0.16】
7枠 【3.2.0.15】
8枠 【0.3.3.15】

枠順については「中~外枠優勢」

なかでも、6~8枠は毎年のように馬券に絡んでおり、

2頭食い込むことも珍しくはない。

対照的に1~2枠は不振

2008年2着のトールポピーや2015年2着のアンドリエッテの

ように連対例はあるが、

かなり厳しい戦いになることは間違いない。

 

【脚質別】

逃げ馬 【2.1.2.5】
先行馬 【0.3.3.31】
差し馬 【5.3.4.37】
追込馬 【3.3.1.41】

<上がり3F>

1位【5.3.1.2】
2位【3.1.1.6】
3位【1.2.2.12】
~5位【0.2.1.11】
6位~【1.2.5.83】

<4角位置別>

4角1番手    【2.1.2.5】
2番手以内   【2.2.2.18】
3番手以内   【2.3.3.27】
4番手以内   【2.4.5.36】
5番手以内   【4.5.6.44】
7番手以内   【6.7.9.54】
10番手以内 【8.8.9.79】

2番手以下   【8.9.8.109】
3番手以下   【8.8.8.96】
4番手以下   【8.7.7.87】
5番手以下   【8.6.5.78】
7番手以下   【5.3.3.65】
10番手以下 【2.2.1.43】
13番手以下 【0.1.0.20】
16番手以下 【0.0.0.5】

脚質では差し馬の活躍が目立っている。

3着以内馬の大半は4コーナー4番手以下に

位置した馬で占められている。

さらに、上がり上位馬が好成績を残していることからも、

好位~中団待機の差し馬を重視すべきレースである。

 

【前走別】

<レース別>

阪神JF組       【6.4.5.8】
こぶし賞組       【1.0.0.3】
紅海S組          【1.0.0.9】
エルフィンS組 【0.1.2.20】
こうきやま賞組 【0.1.0.0】

<距離別>

1600m組 【7.8.10.55】
1400m組 【3.1.0.35】
1500m組 【0.1.0.0】
1700m組 【0.0.0.1】
2200m組 【0.0.0.1】

◆同距離【7.8.10.55】
◆延長   【3.2.0.42】
◆短縮   【0.0.0.17】

<間隔別>

中10週組 【6.6.6.17】
中2週組   【2.1.0.23】
中1週組   【1.0.1.8】
中6週組   【1.0.0.13】
中3週組   【0.1.2.32】

前走の距離別成績では、芝1600m組が圧倒的

外回りコースに変わった2007年以降、

8勝、2着9回、3着10回という

破格のパフォーマンスを見せつけている。

阪神JFからのローテが強いのは

周知の通りだが、

シンザン記念などの重賞や

OP特別のエルフィンSはもちろん、

500万クラス以下からのローテも侮れない。

 

【チューリップ賞2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆1番人気が圧倒的に強い傾向になっている。

◆枠順については「中~外枠優勢」。

◆好位~中団待機の差し馬を重視すべきレースである。

◆前走の距離別成績では、芝1600m組が圧倒的。

今回は、チューリップ賞2018の

過去データ(10年分)の傾向を

分析しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

器用さあり、大崩れしないタイプ。

安定感があり、桜花賞戦線でも主役候補!!

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク