Pocket

今回は、チューリップ賞2018GⅡの予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

チューリップ賞は、

本番の桜花賞と同じ舞台で行われる

トライアルレースのため、

重要度は極めて高いレースである。

桜花賞の主役候補の多くが

ここから始動することになる。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りを見て

好走しそうな馬を探していきたいと思います。

 

早速ですが、

出走馬の調教・最終追い切り後の評価をします。

【チューリップ賞2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価

 

<ウインラナキラ>

(前回) 栗芝稍 馬なり
→81.9 67.0 52.6 38.7 12.5 ①

2/21 栗芝良 馬なり
→85.9 68.1 53.7 40.0 13.2 ①

2/28 栗P良 末強目
→82.4 67.0 53.0 39.2 12.0 ⑦

【調教評価】

程よい気合で軽快な走り。

小柄で強い負荷はかけていないが、

体調自体は良好。

 

<カレンシリエージョ>

(前回) 栗CW良 一 杯
→81.2 65.1 51.0 38.0 12.3 ⑦

2/21 栗坂良 一 杯
→1回 53.7 39.2 25.5 12.5
レーヌビクトリアを0.7秒追走アタマ遅れ

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 58.0 41.6 26.8 13.1

2/28 栗坂良 馬なり
→1回 55.0 40.0 26.0 12.7

【調教評価】

約2カ月ぶりになるが、

坂路中心に熱心に攻めて伸長度を示している。

好気配。

 

<スカーレットカラー>

(前回) 栗CW良 馬なり
→85.4 68.6 53.4 38.7 12.6 ⑥

2/15 栗CW良 馬なり
→84.9 68.0 52.9 39.0 12.6 ⑥
ウインクルゴールの外を2.7秒追走3F併同入

2/22 栗CW良 末強目
→85.4 67.9 51.9 38.4 12.4 ⑥
エーアガイツの内を0.4秒追走0.2秒先着

2/28 栗CW良 馬なり
→52.5 38.0 12.1 ④
トップランの内を0.6秒追走同入

【調教評価】

かなり内を回って、

ラストのみ馬体が合った。

リラックスしているし、

馬体もキチッと仕上がった。

直線1回ノメッたが、

集中力や回転力のある走りで、

落ち着きもある。

線の細いタイプ。

先週長めから攻めており、

これで十分。

体調は安定している。

 

<マウレア>

(前回) 南W良 馬なり
→70.1 54.3 39.5 12.7 ⑦

2/22 南W重 馬なり
→54.9 40.0 13.1 ⑦
リノワールドの外0.1秒先着

2/25 南坂良 馬なり
→1回 58.3 43.2 29.1 14.3

2/28 南W良 末一杯
→66.9 52.5 38.4 12.8 ⑦
レッドイリーゼの内を0.8秒追走0.2秒先着

【調教評価】

軽く仕掛けた程度で、

外2頭をあっさり抜き去った。

ゴール前にビッシリと追われて好時計で先着。

前走よりも鋭さがある

直前にこれだけやったのは初めて。

動きもダイナミックで抜群。

上積みが見込める

 

<ラッキーライラック>

(前回) 栗CW良 強 目
→82.5 66.5 51.0 37.5 11.9 ⑧

2/21 栗CW良 一 杯
→81.5 65.0 50.4 37.4 12.0 ⑥
ナンヨープルートーの内を1.7秒追走0.4秒先着

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 60.0 44.1 29.2 14.7

2/28 栗CW良 稍一杯
→82.4 66.5 51.8 38.5 11.9 ⑦
ナンヨープルートーの内を0.5秒追走0.6秒先着

【調教評価】

3角は少し内を回ったが、

古馬準オープン相手に豪快に伸びて、

しっかり先着。

脚さばきにも勢いがある。

始動戦としては十分。

馬体もひと回り大きくなった。

力は出せる仕上がり

 

<レッドランディーニ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 54.0 39.4 26.0 13.0

2/21 栗CW良 楽 走
→88.1 72.5 57.5 43.4 14.1 ⑧
オクラホマの内0.1秒遅れ

2/28 栗坂良 一 杯
→1回 53.2 39.3 26.3 13.5
アドラメレクを0.1秒先行0.2秒先着

【調教評価】

併せて最後までビッシリ気合をつけられた。

意欲的な内容が体調の良さを示す。

 

<サヤカチャン>

(前回) 栗B良 一 杯
→82.0 67.3 53.2 40.1 13.4 ⑨

2/22 栗B良 一 杯
→84.1 68.4 53.4 39.4 12.4 ⑨

2/25 栗B良 馬なり
→57.9 41.5 12.6 ⑧

2/28 栗B良 末一杯
→89.0 72.0 55.1 39.6 11.5 ⑥

【調教評価】

コンスタントに使っており、

今週も強調できる動きではなかった。

変化なし。

 

<シグナライズ>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 53.2 38.7 25.4 12.7

2/21 栗CW良 一 杯
→50.8 37.7 12.0 ⑨

2/25 栗坂良 末強目
→1回 57.3 42.1 26.6 12.6

2/28 栗坂良 一 杯
→1回 53.1 38.9 25.4 12.8

【調教評価】

安定したフォームで登坂。

しっかりと攻めつつ、落ち着きもある。

順当に良化。

 

<リリーノーブル>

(前回) 栗CW良 馬なり
→83.5 67.0 52.2 38.3 12.1 ⑤

2/21 栗坂良 一 杯
→1回 53.1 38.5 24.7 12.4
ロードゴラッソを0.6秒追走0.5秒先着

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 58.0 42.8 27.8 13.0

2/28 栗CW良 直強目
→68.2 52.6 38.1 11.5 ⑥
レクイエムの内を0.5秒追走1.1秒先着

【調教評価】

トップギアに入った

ラスト1Fの伸びは圧巻。

併走相手を一気に突き放し、

モチベーションも高い。

文句なしの仕上がり

馬体の張りも目立ち、

ひと回り大きくなって、

腹回りがしっかりした。

トモも強化されておりスキルアップ

態勢万全。

 

<サラキア>

(前回) 栗CW稍 強 目
→81.4 65.2 50.6 38.0 12.3 ⑦

2/15 栗坂良 馬なり
→1回 54.7 39.7 25.3 12.3

2/21 栗CW良 馬なり
→84.2 69.0 54.4 40.3 11.4 ⑧

2/28 栗CW良 馬なり
→81.8 66.0 51.2 37.9 11.7 ⑧
アーデルワイゼの内を0.6秒追走4F併0.3秒先着

【調教評価】

非常に軽快なフォームで

ラストの瞬発力もさすが。

実戦を経験した上積みは大。

左手前に替わるのが少し遅かったが、

しっかりした走りでしっかり伸びた。

重心の低い走りも好感。

今のところテンションも上がっていない。

実戦で発馬さえ五分なら。

 

【チューリップ賞2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は、チューリップ賞2018の出走馬の

調教・最終追い切り後の評価をしました。

調教・最終追い切りを見て良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

この中間の稽古は質量ともに凌駕しており、

課題の瞬発力も相当強化されたみたいで

文句なしのデキにある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク