Pocket

今回は、ダービー卿チャレンジトロフィー2018G3予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

安田記念につながる春のマイル戦線の

主要ステップレース。

過去10年の勝ち馬では、

2010年ショウワモダンがメイSの後、安田記念も制覇。

13年トウケイヘイローは続く京王杯SCこそ8着に敗れたが、

その後は鳴尾記念、函館記念、札幌記念と

重賞3連勝を飾り、暮れの香港Cでも2着と好走した。

15年モーリスは次の安田記念でGI初制覇を成し遂げ、

歴史的な活躍をした。

また、16年2着のロゴタイプは次走の安田記念でV。

GIIIのハンデ戦ながらGIと縁が深く、

今年も大いに注目されるレースとなっている。

今年は、どの馬がこのレースを制するのか、

ここでは、過去データ(10年分)から

勝ち馬のポイントを

探っていきたいと思います。

 

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気   【2.2.0.6】
2番人気   【0.1.3.6】
3番人気   【1.0.0.9】
4番人気   【2.3.0.5】
5番人気   【3.0.1.6】
6番人気   【0.0.1.9】
7番人気   【1.1.1.7】
8番人気   【1.0.1.87】
9番人気   【0.2.1.7】
10番人気 【0.1.0.9】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.0.1.9】
13番人気 【0.0.0.10】
14番人気 【0.0.0.10】
15番人気 【0.0.0.10】
16番人気 【0.0.1.8】

1番人気は2008年以降【2.2.0.6】と苦戦。

しかも単勝オッズ2倍台の2頭が着外に敗れている。

勝ち馬は1、3、4、5、7、8番人気から出ているが、

1~3番人気は【3.3.3.21】と信頼度がイマイチ。

4~5番人気が【5.3.1.11】と

優秀で回収率も100%を超える。

穴馬候補になるのは【2.4.4.30】と活躍している、

7番人気以下かつ単勝オッズ30倍未満と

いう条件を満たす馬だ。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.0.19】
2枠 【3.0.3.14】
3枠 【0.4.2.14】
4枠 【2.1.1.16】
5枠 【2.2.3.13】
6枠 【0.1.0.19】
7枠 【1.1.1.18】
8枠 【1.1.0.18】

中山芝1600mは外枠が不利。

しかも2008年以降にこのコースで

行われた9回はすべてフルゲートで行われたので、

6~8枠は【2.3.1.47】と低迷している。

外枠の好走例のほとんどは、

2コーナーまでに思いきって前へ付け、

その後の距離ロスを抑えることが

できたケースである。

一方、内枠は有利とされるものの

1枠だけは【1.0.0.17】と苦戦している。

包まれて位置取りが悪くなったり、

それを意識してふだんより前のポジションを

取りに行ったりしていることが裏目に出ているよう。

 

【脚質別】

逃げ馬 【4.1.0.8】
先行馬 【2.6.3.28】
差し馬 【3.1.5.51】
追込馬 【1.2.2.44】

<上がり3F>

1位   【2.1.0.9】
2位   【1.0.2.12】
3位   【0.2.3.5】
~5位【2.1.1.12】
6位~【5.6.4.93】

<4角位置別>

4角1番手    【3.1.0.6】
2番手以内   【5.3.1.16】
3番手以内   【5.6.1.22】
4番手以内   【6.7.3.36】
5番手以内   【6.7.4.41】
7番手以内   【8.7.5.61】
10番手以内 【9.8.8.84】

2番手以下   【7.9.10.125】
3番手以下   【5.7.9.115】
4番手以下   【5.4.9.109】
5番手以下   【4.3.7.95】
7番手以下   【2.3.6.83】
10番手以下 【1.2.3.53】
13番手以下 【1.0.2.33】
16番手以下 【0.0.0.8】

このレースは前に行った馬が残りやすい傾向にあり、

阪神で施行された2011年を除く

2008年以降の9回では、

逃げ馬を含む4角4番手以内の馬が、

5勝、2着6回、3着3回と良績を残している。

これに対し、4角10番手以下から

勝利したのは2015年のモーリスのみ。

よほどの実力馬でなければ直線一気は決まらない。

あくまで注意すべきは逃げ・先行勢

 

【年齢別】

4歳   【3.4.2.33】
5歳   【6.3.5.25】
6歳   【1.1.2.35】
7歳   【0.2.0.21】
8歳   【0.0.1.13】
9歳   【0.0.0.3】
10歳 【0.0.0.1】

年齢別では、

4歳が3勝、2着4回、3着2回、

5歳が6勝、2着3回、3着5回と

優勢を誇る。

 

【斤量別】

56.0㎏ 【3.3.3.35】
55.0㎏ 【2.2.2.28】
57.5㎏ 【2.1.1.6】
57.0㎏ 【1.2.1.17】
54.0㎏ 【1.1.3.18】

 

【前走別】

<レース別>

東風S組       【3.3.3.19】
阪急杯組       【2.1.0.11】
武庫川S組    【2.0.0.2】
東京新聞杯組 【1.1.0.15】
京都牝馬S組 【1.0.0.0】

<距離別>

1600m組 【6.7.5.62】
1400m組 【3.1.0.19】
1800m組 【1.1.4.29】
1200m組 【0.1.0.5】
2000m組 【0.0.1.11】

◆同距離【6.7.5.62】
◆延長   【3.2.0.25】
◆短縮   【1.1.5.43】

<間隔別>

中2週組 【3.3.2.24】
中3週組 【3.1.0.12】
中4週組 【2.2.4.25】
中5週組 【1.1.0.7】
中8週組 【1.0.0.4】

2008年以降、

ここが年明け緒戦だった馬は【0.0.1.23】と

不振を極め、

直近の古馬混合マイル重賞である

東京新聞杯からの転戦馬も

【1.1.0.15】と苦戦している。

これに対し、好調なのは【3.3.3.19】と

実績を残す、

中2週で同コース施行の

オープン特別の東風S組。

さらに前走1600万下勝ちから

中3週以内だった馬も【3.2.1.5】と

良績を収めている。

間隔を開けずに使われている馬がよさそう。

前走距離別では、

距離短縮馬が【1.1.5.43】と分が悪い。

 

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆1番人気は苦戦傾向。

◆4、5番人気が成績が良い

◆中山芝1600mは外枠が不利。

◆内枠有利だが1枠だけ苦戦傾向。

◆逃げ・先行勢に注意!

◆年齢別では4歳5歳が優勢。

◆前走別ではオープン特別の東風S組が好調。

今回は、ダービー卿チャレンジトロフィー2018の

過去データ(10年分)の傾向・分析をしました。

注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

昨年はこの舞台で2着。

少しトモの緩さがあって

割引は必要だけど、

巻き返しを期待。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク