Pocket

今回は、ダービー卿チャレンジトロフィー2018G3予想と

出走馬の調教・最終追い切りの評価を、

中心とした記事を書いて行きたいと思います。

安田記念につながる春のマイル戦線の

主要ステップレース。

過去10年の勝ち馬では、

2010年ショウワモダンがメイSの後、安田記念も制覇。

13年トウケイヘイローは続く京王杯SCこそ8着に敗れたが、

その後は鳴尾記念、函館記念、札幌記念と

重賞3連勝を飾り、暮れの香港Cでも2着と好走した。

15年モーリスは次の安田記念でGI初制覇を成し遂げ、

歴史的な活躍をした。

また、16年2着のロゴタイプは次走の安田記念でV。

GIIIのハンデ戦ながらGIと縁が深く、

今年も大いに注目されるレースとなっている。

今年は、どの馬がこのレースを制するのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切り

評価し勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価

〈アデイインザライフ〉

(前回) 南坂良 一 杯
→1回 51.7 37.4 24.8 12.4

3/21 南W良 馬なり
→81.4 66.7 53.0 39.3 13.6 ⑨
エピカリスの外を0.8秒先行0.3秒先着

3/24 南W稍 馬なり
→55.5 39.9 12.5 ⑥

3/28 南W良 末強目
→68.0 52.2 37.6 12.4 ⑧
ルヴァンスレーヴの内を0.6秒追走同入

【調教評価】

長欠明けを使われたことで、

反応が滑らかになった。

前走以上の出来にはある

 

〈レッドアンシェル〉

(前回) 栗CW良 馬なり
→87.4 70.5 54.8 39.4 11.4 ⑤

3/22 栗CW不 一 杯
→82.3 65.9 51.1 37.3 12.4 ⑧
スワーヴアーサーの外を0.5秒先行クビ遅れ

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 42.7 27.9 14.0

3/28 栗CW良 馬なり
→85.8 69.2 53.7 39.5 11.7 ⑧
ラセットの外を1.0秒先行0.2秒先着

【調教評価】

ここまでしっかりと乗り込み、

追うごとに加速力もアップ。

仕上がりは良好。

 

〈キャンベルジュニア〉

(前回) 南P良 馬なり
→66.8 52.0 37.4 12.0 ⑦

3/22 南W重 強 目
→66.6 51.4 37.3 12.8 ④

3/25 南W良 馬なり
→56.2 41.2 14.1 ⑥

3/28 南W良 馬なり
→52.9 38.1 12.1 ⑤
ベラポーサの内を0.2秒追走0.2秒先着

【調教評価】

本数を重ねるごとに上向き、

今週はこの馬本来の迫力

うまく立て直された。

 

〈グレーターロンドン〉

(前回) 南W良 馬なり
→50.9 36.3 12.4 ②

3/22 南W重 直強目
→80.7 65.8 51.3 36.9 12.0 ⑤
ロジペルレストの内を0.8秒追走0.2秒先着

3/25 南坂良 馬なり
→2回 57.1 42.1 27.6 13.8

3/28 南W良 不 明
キリ
ラカージェに同入

【調教評価】

僚馬をあっさり抜き去った

先週の動きが上々。

鋭さが戻り、好調時と遜色ない

 

〈マイネルアウラート〉

(前回) 南W良 馬なり
→69.5 54.3 39.3 13.0 ⑤

3/18 南坂良 馬なり
→2回 58.3 42.2 27.5 13.0

3/23 南W稍 強 目
→68.2 52.6 38.0 13.1 ⑤
ディアジラソルの外を0.4秒追走0.2秒先着

3/28 南W良 一 杯
→68.1 52.6 38.1 13.2 ⑥
バルトフォンテンの外を0.4秒追走同入

【調教評価】

スパッとは切れなかったが、

しぶとく伸びて併入に持ち込む。

仕上がりはいい。

 

〈テオドール〉

(前回) 南坂重 強 目
→1回 53.2 39.7 26.4 13.2

3/21 南W良 馬なり
→67.4 53.0 39.9 13.4 ⑨
レッドローゼスの外を0.8秒先行同入

3/25 南W良 馬なり
→56.1 42.0 12.9 ⑦

3/28 南W良 不 明
キリ

【調教評価】

中間はメリハリの利いた

ケイコができており、

馬体も締まってきた

前走以上。

 

〈ゴールドサーベラス〉

(前回) 南W良 馬なり
→69.3 54.1 40.3 13.5 ⑤

3/28 南W良 不 明
キリ

【調教評価】

身のこなしに切れがあり、

馬体もすっきりと見せている。

中間も至って順調。

 

〈ミュゼエイリアン〉

(前回) 南坂良 一 杯
→1回 52.4 39.0 25.9 12.9

3/22 南坂不 馬なり
→1回 57.4 42.4 28.6 14.0

3/25 南坂良 馬なり
→1回 57.5 42.3 28.2 14.0

3/28 南坂良 不 明
→1回 53.9 39.4 25.5 12.7
ダッシャークワトロを0.3秒追走同入

【調教評価】

柔らかみのある走りで、

ラストまで勢い十分の伸び脚。

引き続き好調をキープ。

 

〈ヒーズインラブ〉

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.3 67.4 52.0 37.6 12.0 ⑦

3/21 栗坂不 末強目
→1回 56.3 41.1 26.4 13.3

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.4 42.4 28.1 13.6

3/28 栗CW良 末強目
→81.5 65.1 50.6 37.3 11.6 ⑥

【調教評価】

楽な手応えで4角を回ると、

グンと加速して鋭く伸びた。

充実の出来だ。

 

〈ロジチャリス〉

(前回) 南W良 馬なり
→68.2 52.4 38.3 12.8 ⑦

3/25 南W良 馬なり
→70.8 55.0 41.1 13.7 ⑥

3/28 南W良 不 明
キリ

【調教評価】

フットワークは力強く、

気持ちも入っている。

ケイコの動きは決して悪くない。

 

〈ダイワリベラル〉

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 53.8 39.4 25.8 12.8

3/14 美プール

3/22 南P稍 馬なり
→81.5 65.7 51.3 38.1 12.2 ⑥
ミッキースワローの内を1.4秒先行同入

3/28 南坂良 不 明
→2回 52.0 38.2 25.7 13.1
ロードコメットを0.9秒追走同入

【調教評価】

前走時と同様に活気十分の走りで、

ラストまで確かな脚勢。

出来は悪くない。

 

〈サンライズメジャー〉

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 55.8 40.5 26.4 12.9

3/15 栗坂良 馬なり
→1回 55.3 40.3 26.2 12.5

3/23 栗坂重 一 杯
→1回 54.4 39.4 25.6 12.5

3/28 栗坂良 馬なり
→1回 56.2 40.8 26.3 12.5

【調教評価】

休み明けでも乗り込みは十分。

抑え切れない手応えで、

気合乗りは満点だ。

 

〈マルターズアポジー〉

(前回) 南W良 馬なり
→68.4 53.6 39.1 12.7 ⑧

3/15 南W良 馬なり
→53.3 38.1 12.5 ⑦

3/21 南W良 直一杯
→65.9 49.9 35.8 11.5 ②

3/28 南W良 馬なり
→67.4 52.7 38.4 12.4 ⑨

【調教評価】

軽く促した程度で

グングン加速していった。

肌ツヤも良く、高い次元で安定

 

〈ソルヴェイグ〉

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.5 37.9 24.7 12.3

3/18 栗CW良 馬なり
→57.6 42.1 13.1 ⑥

3/21 栗CW不 馬なり
→83.8 67.1 52.5 38.9 12.1 ⑦
ジョルジュサンクの内を0.3秒先行0.2秒先着

3/28 栗CW良 馬なり
→53.7 39.7 12.5 ⑤

【調教評価】

メリハリの利いた脚さばきで、

最後まで集中力も維持。

気配は悪くない。

 

〈ストーミーシー〉

(前回) 南W良 末強目
→67.8 52.6 38.7 12.9 ⑦

3/21 南W良 一 杯
→84.0 68.0 52.4 38.3 12.7 ⑦
コパノマリーンの内を0.6秒追走0.2秒先着

3/25 南坂良 馬なり
→1回 61.5 45.7 30.0 14.7

3/28 南W良 馬なり
→81.0 67.0 52.8 38.5 12.5 ⑥
クラリティスカイの内を0.7秒追走0.1秒先着

【調教評価】

推進力あふれるフォームで最先着。

今週のひと追いで馬体、

息ともに整った。

 

〈クラリティスカイ〉

(前回) 小ダ稍 G前追
→66.6 52.2 37.6 12.1 ⑤

3/21 南W良 一 杯
→83.8 68.6 54.0 40.0 13.0 ⑥
ウラヌスチャームの内を0.7秒追走同入

3/25 南坂良 馬なり
→1回 56.6 41.3 27.2 13.5

3/28 南W良 一 杯
→81.8 67.7 53.3 39.0 12.6 ⑦
ストーミーシーの外を0.7秒先行0.1秒遅れ

【調教評価】

意欲的な併せ馬を消化してきたが、

動きがピリッとしてこない。

出来は平行線。

 

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は出走馬の調教・最終追い切りの

評価をしました。

その中で調教・最終追い切りが

良かったと思う馬

人気ブログランキングで公開します。

この馬人気ブログランキングへ

休み明けの前走を叩かれて体調は上向いている

前走よりマイル戦の方が競馬はしやすい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク