Pocket

 

スプリンターズステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきたいと、
思います。

久しぶりのG1ということで凄いたのしみですよね。
そろそろ秋に入りますし、夏競馬はお休みしていたという方もこの秋のG1初戦に
競馬再開という頃ではないでしょうか。

更に今週は凱旋門賞もありますし、かなりワクワクしますね。

近年のスプリンターズステークスは主役不在ということでオッズも割れそうですし、
予想も難解といったレースになりそうです。

過去データからレース分析してどの馬が馬券内に絡んで来るのか、
予想していきたいと思います。

スプリンターズステークス2017予想オッズと過去データ

【スプリンターズステークス2017予想オッズ】

1 レッドファルクス     2.7
2 ダイアナヘイロー     6.9
3 セイウンコウセイ     7.0
4 メラグラーナ           7.2
5 ビッグアーサー        9.2
6 ダンスディレクター  9.9
7 レッツゴードンキ     11.7
8 ファインニードル     16.8
9 フィドゥーシア        29.0

一桁人気馬のオッズはこんな感じとなっております!

 

【コース紹介】

中山芝1200m(外)

2コーナーを回り切って向正面に入ったところがスタート地点。

外回りコースのバックストレートを通り、3コーナーまでの距離は250m強ある。

中山競馬場の芝コースの高低差は5.3mとJRA全10場の中で最も高低差がある。

おむすび型の頂部分は高い位置にあり、スタート直後から4コーナーまでは、

約4.5mの勾配の下り坂になっている。

最後の直線は310mと、ローカル競馬場並みに短い。

なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

CコースはA、Bコースに比べて逃げ馬の好走率が高くなっている。

基本的には先行馬有利。しかしオーバーペースで先行した馬は急坂で脚が止まり、

差し馬の餌食となる。

枠は中枠の数字が良いが、下り坂を一気に駆け下りてくるため、

4コーナーで馬群が外に振られることもあり、最内をロスなく回った馬が突き抜けることもある。

好走枠→中枠  (勝率:8.6%) (複勝率:22.7%)

好走脚質→先行 (勝率:11.8%)(複勝率:34.2%)

 

【過去10年のデータ】(2014年新潟開催は除く)

 

【人気別】

1番人気 【4.2.0.4】
2番人気 【1.4.0.5】
3番人気 【3.1.0.6】
4番人気 【0.0.0.10】
5番人気 【0.0.1.9】

 

1,2,3番人気の馬がほぼ1,2着を独占している。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.2.17】
2枠 【0.3.3.14】
3枠 【0.1.2.17】
4枠 【2.1.0.17】
5枠 【2.1.0.16】
6枠 【0.0.1.19】
7枠 【4.2.2.11】
8枠 【1.2.0.17】

7枠の成績が良いことがわかる。後は中枠がいい成績を残している。

枠の有利、不利はそこまでないが

7枠や中枠は好成績であるので、そのことによって、

それらの枠が人気を集めることになれば、内枠の馬があまり人気にならず、

盲点となり妙味のある馬がでてくる可能性も無きにしも非ず。

 

【脚質別】

逃げ馬 【3.2.0.5】
先行馬 【2.4.4.26】
差し馬 【5.4.3.54】
追込馬 【0.0.3.43】

 

【4角位置別】

1番手 【4.3.0.3】
2番手以内 【4.4.1.20】
3番手以内 【4.5.2.25】
4番手以内 【5.6.4.31】
5番手以内 【6.7.5.40】
7番手以内 【8.10.5.55】
10番手以内 【10.10.7.85】

 

2番手以下 【6.7.10.125】
3番手以下 【6.6.9.108】
4番手以下 【6.5.8.103】
5番手以下 【5.4.6.97】
7番手以下 【3.1.5.79】
10番手以下 【0.0.4.56】
13番手以下 【0.0.1.30】
16番手以下 【0.0.0.6】

 

先行馬が圧倒的に有利である。

4角位置、1番手の馬の勝率が40%でとりあえず前にいる馬が有利である。

このデータからわかるように10番手以下に居る馬は連対出来ていない。

簡単には前は止まらず差しや追い込みは通用しない。

展開や位置取りが凄く重要になる。

 

【前走別】

■前走レース別

セントウルS組 【5.5.4.49】
北九州記念組 【2.0.1.7】
キーンランド組 【1.3.4.30】
CBC賞組 【1.0.0.2】
シャティンV組 【1.0.0.0】

■前走距離別

1200m 【10.9.9.103】
1600m 【0.1.1.14】
2200m 【0.0.0.1】
1000m 【0.0.0.4】
1400m 【0.0.0.6】

 

■レース間隔別

中2週組 【5.5.5.54】
中3週組 【0.0.0.1】
中4~8週組 【3.3.5.44】
中9~24週組 【2.1.0.25】
半年以上 【0.1.0.5】

 

このデータを見てみるとセントウルS組がかなりの確率で、
好走していることがわかります。

 

世代別

3歳 【1.0.2.10】
4歳 【3.2.3.12】
5歳 【3.6.4.36】
6歳 【1.0.1.36】
7歳 【1.2.0.24】
8歳 【1.0.0.9】

 

4歳馬、5歳馬の成績の良さが際立っています。

 

【スプリンターズステークスまとめ】

 

◆逃げ、先行馬が圧倒的に有利である。

◆1,2,3番人気の馬がほぼ1,2着を独占している。

 →大波乱は期待できない!

◆4歳馬、5歳馬が活躍している。

◆セントウルS組がかなりの確率で、好走している。

◆枠の有利、不利はそこまでない。

2017スプリンターズステークスで私が注目している馬は…

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク