Pocket

今回は、スプリングステークスG2予想と

有力馬分析、コース紹介(中山芝1800m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

皐月賞のトライアルの中で、

弥生賞と双璧をなすレース。

ここで好走した馬は、

キタサンブラックやディープブリランテなどを

筆頭に後に超一流馬になっており、

将来のGI戦線を含めて大注目の一戦。

ここでは、有力馬分析を

予想していきます。

 

まずは、枠順とオッズから見ていきます。

【スプリングステークス2018】枠順

1枠1番バールドバイ
2枠2番ルーカス
3枠3番コスモイグナーツ
4枠4番レノヴァール
4枠5番エポカドーロ
5枠6番ハッピーグリン
5枠7番ビッグスモーキー
6枠8番ステルヴィオ
6枠9番フォルツァエフ
7枠10番カフジバンガード
7枠11番ゴーフォザサミット
8枠12番マイネルファンロン
8枠13番ライトカラカゼ

 

【スプリングステークス2018】オッズ

1番人気ステルヴィオ             2.7
2番人気ルーカス                   4.1
3番人気エポカドーロ             5.1
4番人気ゴーフォザサミット    9.0
5番人気ハッピーグリン        11.8
6番人気マイネルファンロン  13.8
7番人気レノヴァール           19.2
8番人気ビッグスモーキー     22.5
9番人気カフジバンガード     31.5

 

【スプリングステークス2018】コース紹介(中山芝1800m)

スタート地点は正面スタンド前直線の半ば。

ゲートオープン後、

すぐに急坂が待ち構えている。

最初の1コーナーまでの距離は

約205m(Aコース時)。

1~2コーナーの中間までは上り坂。

その後は内回りコースに入り、

向正面の直線は平坦。

3~4コーナーはスパイラルカーブで、

緩い下り坂になっている。

最後の直線距離は310mと、

中央4場の中では最短。

なおかつ、ゴール前には

高低差2.4mの急坂がある。

1コーナーまでの距離が短いことと、

上り坂がスタートである要素があるため、

展開が定まりにくい。

メンバー次第でもあるが、

ハイ・ミドル・スローあらゆるペースになりうる。

特徴的なのは後半3ハロンの平均が

クラス別であまり差がないこと。

上がりの競馬にはなりにくいことを示しており、

序盤から中盤のペースが

クラスの差に直結してくる。

枠順は内枠が有利。

逃げ、先行馬が残りやすいコースであり、

主導権を握りたいという馬にとっては

内枠は大きなアドバンテージ。

中盤のペースが厳しい前掛かりの展開になると、

後方からの追い込みも決まるが、

差し馬が上位を独占するようなケースはまれ。

好位からの抜け出しがベスト。

また、右回りのローカル競馬場

芝1800mに通じるコース適性が要求され、

脚質を問わずこの距離で実績がある馬がよく走る。

このコースを得意とする巧者の馬が

出現しやすい。

 

好走脚質→逃げ(勝率:13.5%)(複勝率:39.0%)

【スプリングステークス2018】有力馬分析

<ルーカス>

東スポ杯2歳Sでは

ワグネリアン相手の

2着争いで渋太さを発揮。

GⅠといってもホープフルSで

見劣りはなかったはずだが、

中間の放馬や初距離の影響はあったか。

兄モーリスも5歳の札幌記念までは

1600メートル中心の活躍だったし、

現状、距離短縮はプラス材料に

新馬は札幌2歳Sより0秒8時計が速く、

小回り1800メートルが

ピッタリのイメージ。

是非ともここでメドを立てたい。

力を出せる態勢にある。

 

<エポカドーロ>

新馬3着のあと連勝。

前走はテン速く、中ゆっくり、後半速くと

素晴らしいラップを刻んで逃げ切った。

スローというわけではなく、

上がりを35秒2にまとめての

逃げ切りは好内容。

距離は1F短くなっても、

コーナー4つは変わりなく、

同じようなラップを刻んでいけば、

逃げ切りやすい中山芝1800m。

前走と同じ状態なら

十分にチャンスがあると思います。

同型はいても揉まれずレースを運べれば。

 

<ハッピーグリン>

セントポーリア賞は

外を回って強い勝ちっぷり。

長距離輸送でも

体調を維持できた点が大きな収穫だった。

札幌のコスモス賞で

ステルヴィオの3着しており、

当時からの成長を見込めば怖い一頭に。

 

<ビッグスモーキー>

昨年勝ったクリンチャーが2分14秒1。

今年のすみれSは時計が速く、

初芝で3着なら申し分ない。

前走時524キロの大型。

年明け緒戦を使われて

大いに上積みが期待できる。

脚質から中山が向くタイプ。

 

<ステルヴィオ>

サウジアラビアRC、朝日杯FSとも2着。

デビューから4連勝し、

現時点でナンバーワンの

ダノンプレミアムによく食い下がっている。

マイルでは若干忙しい感があり、

札幌のコスモス賞快勝からも

距離はこのぐらいがいいはず。

当時は緩い流れでスムーズに

追い上げることができた。

小回りで流れが速くなった際に

対応できるかどうか。

十分な賞金を持ち、

本番を見据えてのレースとなりそう。

まずはここで強さを見せ、

本番皐月賞でリベンジに

臨みたいところだろう。

先週は重賞勝ち馬ゼーヴィントを

アオる動きを見せており、

仕上がりはほぼ万全

 

<ゴーフォザサミット>

未勝利、500万特別と

そつのない競馬で

連勝し素質の高さを

アピールしていた。

前走の共同通信杯は4着だったが、

スタートで後手を踏み

展開もスローで流れた不利を

考えれば通用の力を

見せたと言っていい。

3着争いに加わるのが精一杯だった。

新馬はルーカスの5着に終わったが、

その後は常にレース最速の上がり。

中山1800メートルで未勝利を勝ち、

小回りでも力は出せる。

うまく流れに乗れれば。

上積みを考えれば

本番切符奪取は十分に可能だろう。

 

<マイネルファンロン>

500万を勝ち切れないが、

葉牡丹賞を勝った

ジェネラーレウーノは

年明けに京成杯も勝ち、

これと0秒1差は評価できる。

後手に回った前走で好走したことで、

作戦の幅が広がった。

本当に良くなるのはまだ先だが、

追い切りも上々。

 

【スプリングステークス2018】予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ03
好位05071204
中位一団
後方1109

<印付き予想>

◎08ステルヴィオ
〇02ルーカス
▲06ハッピーグリン
☆11ゴーフォザサミット
人気ブログランキングへ
△010405071013

穴馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

<参考買い目>

三連単

〇▲→◎→印

〇▲→印→◎

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク