Pocket

 

今回はステイヤーズステークス2017の予想と過去データを中心とした記事

書いていきたいと思います。

ステイヤーズステークスは日本で唯一の3600mのレースという事で

良くも悪くも立ち位置の定まったレースで、他のレースでは問われない

スタミナを問われる特殊条件の一戦。

とにかく、リピーターが強い

今年は、2連覇中のアルバートが抜けた1番人気。

果たしてアルバートは3連覇なるのか?

過去のデータから分析していきたいと思います。

 

【ステイヤーズステークス2017】予想オッズ

1番人気アルバート               1.6
2番人気フェイムゲーム         3.3
3番人気プレストウィック      7.0
4番人気シルクドリーマー      9.7
5番人気シホウ                    14.5
6番人気グランアルマダ        23.1
7番人気カムフィー              28.6
8番人気プロレタリアト        46.8
9番人気デルマサリーチャン  115.4

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【コース】

中山芝3600m(Aコース)

現在、JRAで施行されている最長距離のコース。

年に1度、暮れのステイヤーズSのみに使用されるコース。

スタート地点は正面スタンド前直線の真ん中よりやや右。

芝1800mと芝2000mのスタート地点の中間あたりで、

スタート後まもなく急坂を駆け上がる。

最初のコーナーまでの距離はおよそ340m。

1~2コーナーの中間までは上り坂。

その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。

3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。

内回りコースを2周して、最後の直線へ。

残り1000mからのジョッキーの駆け引きが大きな見どころ。

最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。

近年の同レースはAコースで行われている。

参考となる平均ラップはステイヤーズSのみ。

しっかりした逃げ馬がいる場合は、平均的な流れが続き、

そうでない場合は1ハロン13秒台のラップが

連続で刻まれるような完全なスローペース。

ほぼこの2パターンの流れとなる。

すべて平均すると前半の3ハロンはポジション取りの動きがあり、

37秒台半ば。ラスト3ハロンは35秒台となっている。

コーナーを8回も回るため、器用さが必要

先行馬が有利だ。ただし、逃げ馬は不振。

当然ながら豊富なスタミナが必要なのは言うまでもない。

枠順の有利・不利はほとんどないが経済コースが通れる内枠のほうが有利。

種牡馬成績はダンスインザダーク、エルコンドルパサー、サッカーボーイ、ブライアンズタイムなど、

菊花賞・天皇賞(春)優勝馬を出しているステイヤー血統の独壇場。

好走枠→中枠(勝率:8.3%)(複勝率:25.0%)

好走脚質→先行(勝率:18.2%)(複勝率:27.3%)

 

【ステイヤーズステークス2017】過去データ(10年分)

【人気別】

1番人気 【4.1.1.4】
2番人気 【0.2.3.5】
3番人気 【1.1.1.7】
4番人気 【1.3.1.5】
5番人気 【1.0.1.8】

 

【枠順別】

1枠 【2.0.2.10】
2枠 【1.1.2.13】
3枠 【2.0.0.15】
4枠 【2.1.2.15】
5枠 【2.3.1.14】
6枠 【0.1.1.18】
7枠 【0.3.2.15】
8枠 【1.1.0.18】

1~4枠で7勝、5~8枠で3勝。
内枠が有利
内回りを2週する長距離コースなので、
経済コースが通れる内枠が有利

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.2.0.13】
先行馬 【7.5.2.21】
差し馬 【3.3.6.39】
追込馬 【0.0.2.44】

先行馬が7勝していて成績が圧倒的に良い。
逃げ、追い込み馬は苦戦を強いられている。

 

【4角位置別】

4角1番手    【2.1.0.7】
2番手以内   【3.7.1.16】
3番手以内   【6.7.2.22】
4番手以内   【7.7.2.29】
5番手以内   【9.8.5.44】
7番手以内   【10.9.5.54】
10番手以内 【10.10.9.76】

2番手以下   【8.9.10.110】
3番手以下   【7.3.9.101】
4番手以下   【4.3.8.95】
5番手以下   【3.3.8.88】
7番手以下   【1.2.5.73】
10番手以下 【0.1.1.48】
13番手以下 【0.0.0.21】
16番手以下 【0.0.0.3】

 

【世代別】

3歳 【2.2.0.8】
4歳 【1.3.4.18】
5歳 【4.1.1.30】
6歳 【1.2.1.29】
7歳 【0.0.1.17】
8歳 【1.1.1.8】
9歳 【0.1.1.4】
10歳 【1.0.0.4】
11歳 【0.0.1.0】

 

【斤量別】

57.0㎏ 【4.2.5.49】
56.0㎏ 【3.5.4.52】
55.0㎏ 【2.2.0.8】
58.0㎏ 【1.1.1.5】
53.0㎏ 【0.0.0.1】

 

【前走別】

<レース別>

アルゼンチン組 【7.2.5.44】
比叡S組          【1.1.1.9】
京都大賞典組    【1.1.0.3】
菊花賞組          【1.1.0.5】
アンドロメダ組 【0.2.1.5】

アルゼンチン共和国杯組が7勝
一昨年を除いて毎年1頭は3着以内に入っている。

<距離別>

2500m組 【7.2.5.48】
2400m組 【2.3.1.16】
3000m組 【1.1.0.5】
2000m組 【0.4.3.20】
1800m組 【0.0.1.6】

<間隔別>

中3週組 【7.3.6.46】
中2週組 【1.3.2.22】
中7週組 【1.2.0.3】
中5週組 【1.1.0.11】
中6週組 【0.1.0.1】

 

【ステイヤーズステークス2017】過去データ(10年分)まとめ

◆内枠が有利。

◆先行馬が7勝していて成績が圧倒的に良い。

◆逃げ、追い込み馬は苦戦を強いられている。

◆アルゼンチン共和国杯組が7勝。

◆近4年は堅めの決着が続いている。

現時点で注目している馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク