Pocket

 

今回はジャパンカップ2017の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

ジャパンカップは外国馬が毎年参戦してきているレースで、この海外馬を、

どう評価するかも馬券的中には大事な要素となってきますね。

今年も、アイダホ・イキートス・ギョニール・ブームタイムの4頭が出走します。

ジャパンカップ2017で海外馬は好走できるのでしょうか。

 

それではこれまでの海外馬のジャパンカップでの成績を過去10年分を見ていきたいと思います。

【ジャパンカップ2017】海外馬過去10年分の成績

<海外馬の成績>

2007年【0.0.0.4】
最先着馬:ペイパルブル/7着

2008年【0.0.0.4】
最先着馬:パープルムーン/9着

2009年【0.0.0.5】
最先着馬:コンデュイット/4着

2010年【0.0.0.8】
最先着馬:シリュスデゼーグル/9着

2011年【0.0.0.4】
最先着馬:デインドリーム/6着

2012年【0.0.0.5】
最先着馬:レッドカドー/8着

2013年【0.0.0.3】
最先着馬:ドゥナーデン/5着

2014年【0.0.0.3】
最先着馬:アイヴァンホウ/6着

2015年【0.0.0.4】
最先着馬:イラプト/6着

2016年【0.0.0.3】
最先着馬:イキートス/7着

ここ10年で42頭が出走して1頭も馬券に絡んでいない。

過去10年の1~3着馬30頭はすべて日本馬。

したがって馬券の対象は日本馬に絞っていい。

積極的に買う材料はデータ的にはない

 

【ジャパンカップ2017】出走馬分析パート2

<マカヒキ>

東京実績【1.0.0.2】

2400m実績【2.0.0.1】

東京2400m実績【1.0.0.0】

左回り実績【1.0.0.2】

右回り実績【3.1.1.1】

前走は、道中はじっくり構えて後ろ目を追走。

4コーナーで外を回り、直線でも外目から追い上げてきた。

ラストで後方からしぶとく伸びて来て底力の一端は見せた。

間を割って5番手で入線。先着馬とは差があったが、極度の道悪のなか善戦した。

マカヒキは昨秋、凱旋門賞へ遠征し、ジャパンCは初挑戦になる。

皐月賞2着を含め日本ダービーまで5戦4勝は今年のレイデオロに劣らぬ好成績。

帰国後の成績に物足りなさは感じるものの、天皇賞(秋)は不向きな不良馬場に苦しみながら掲示板を確保した。

GⅠ勝ちの東京2400メートルで復権成るか。

 

<シュヴァルグラン>

東京実績【1.0.1.0】

2400m実績【3.2.1.0】

東京2400m実績【0.0.1.0】

左回り実績【5.5.4.5】

右回り実績【1.0.1.0】

前走は、宝塚記念以来、3ヵ月半ぶりの実戦だったが、仕上がっていた。

スタート出遅れて後方からのレース。

道中は控えて後ろ目を追走。3コーナーを過ぎて外を追い上げていった。

直線も伸びてはいるものの、勝ち馬ほどの切れではなかった。

途中マクリ気味で進出したがロスが響いた形。

それでも崩れなかったあたりは地力の証でG1路線でも通用するのはやはりこの馬なのか。

シュヴァルグランは姉にヴィルシーナ、妹にヴィブロスの両GⅠ馬を持つ。

自身はGⅠで③⑨③⑥②⑧着だが、2200メートルの宝塚記念を除けば③③⑥②着と好走の可能性が高まる。

対キタサンブラックで分の悪さは否めないにしても、昨年当レースで2着とクビ差は軽視できない実績。

アルゼンチン共和国杯から中2週だった昨年に比べてローテーションには余裕がある

 

<サウンズオブアース>

東京実績【0.1.0.2】

2400m実績【0.3.0.5】

東京2400m実績【0.1.0.2】

左回り実績【0.1.0.2】

右回り実績【2.7.1.9】

前走は、内枠から中団を追走していたが、勝負所での反応はもうひとつ。

内枠を生かせず道中は馬群の外になった時点でかなり厳しいレースになった。

直線も伸びを欠いて、最後は流して惨敗。休み明け2走目だったが、良化は見られなかった。

サウンズオブアースはジャパンカップ⑤②着。

菊花賞、有馬記念でも2着があり、GⅠで軽視できない存在だが、勝ち味の遅さが泣きどころ。

前走の京都大賞典で13着と大敗しているのも気掛かりだが前走は、ノーカウントで良さそう。

 

<レイデオロ>

東京実績【2.0.0.0】

2400m実績【2.0.0.0】

東京2400m実績【1.0.0.0】

左回り実績【2.0.0.0】

右回り実績【3.0.0.1】

前走は、ダービー以来の実戦だったが、仕上がっていた。

先行馬を見ながら好位を進んだ。折り合いがついて、道中はスムーズ。

直線に入って、先行馬を交わして抜け出し、1着。

完勝。自在に動ける強みを存分に生かしての横綱相撲だった。

成長力のある血統だけに今後の伸びしろはまだまだありそう。

消耗も少ない一戦で、秋初戦としては文句なし。

秋緒戦で馬体が減っていた点は誤算だろうが、

レース間は十分にあり、関東圏での競馬なら何の心配もない。

スローを見越した日本ダービーでは早目に2番手に上がり、どんなレースでもできる。

古馬とは斤量差があり、一気に世代交代を狙う

順調ならジャパンカップでも好勝負になるはず。

 

【ジャパンカップ2017】出走馬分析パート2まとめ

出走馬分析をして今年のジャパンカップ2017は大荒れはないんじゃないかなと、
想定している。

有力馬はいい枠を引けているし、良いレースをしてくれると思う。

出走馬分析をして注目している馬を紹介しておきます。

現時点で注目している馬を人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク