Pocket

 

オールカマー2017の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

ここオールカマーから始動する有力馬も出走し叩き台として、使われるレースですので

少なからず伏兵にもチャンスのあるレースです。

過去のデータからレース分析してどの馬が馬券内に絡んでくるのか、

予想していきたいと思います。

 

オールカマー2017予想オッズと過去データ

 

【オールカマー2017予想オッズ】

1  ステファノス    3.5
2  タンタアレグリア  3.6
3  モンドインテロ   4.7
4  アルバート     5.4
5  ルージュバック   8.9
6  ツクバアズマオー  13.4
7  カフジプリンス   16.0
8  ブラックバゴ    20.6
9  デニムアンドルビー 24.4

一桁人気の馬のオッズはこんな感じとなっております。

 

【コース紹介】

中山芝2200m(外)

 

 

<コース・距離・傾向>

スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。

芝2000mのスタート地点から少し右に移動したところからの発走となる。

の1コーナーまでの距離は約432m。

そこから外回りコースを使うため、2コーナーまでは直線に近い緩やかなカーブ。

向正面の山の頂上から3~4コーナー中間までも、非常に緩やかなカーブを通ることになり、スピードに乗りやすい。

向こう正面の下りも手伝って、道中ペースが落ちないため、3コーナーからの仕掛けが重要なポイント。マクリも度々みられる。

最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。

なおかつ、ゴール前には高低差2.4m急坂がある。

脚質的には先行馬が有利。最後の直線は短いが、クラスが上がるにつれて逃げ切りは難しくなる。

また、直線一気も難しい。末脚の持続力、スタミナ、底力が要求される

 

好走枠→中枠  (勝率:8.7%) (複勝率:23.3%)

好走脚質→先行 (勝率:13.4%) (複勝率:36.8%)

 

過去10年のデータ

 

【人気別】

1番人気 【4.3.1.2】

2番人気 【2.1.2.5】

3番人気 【2.1.0.7】

4番人気 【0.1.0.9】

5番人気 【1.1.0.8】

 

上位人気馬が好走しており人気薄の出番は少ないと言えるデータになっているといえる

過去10年で、二桁人気馬が馬券に絡んだのも、2014年の新潟開催された時のみです。

しかし新潟開催は2014年だけで例外ですので、中山で行われたこのレースでは、

二桁人気馬が馬券に絡んだのは、一回もありません

荒れにくいレースとなっている

 

【枠順別】

1枠 【0.2.0.12】

2枠 【1.2.2.11】

3枠 【1.3.2.11】

4枠 【0.0.1.16】

5枠 【2.1.3.12】

6枠 【2.2.1.13】

7枠 【3.0.0.17】

8枠 【1.0.1.19】

 

数字上では中枠有利だが位置取りも重要になってくる。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.0.9】

先行馬 【7.3.3.23】

差し馬 【2.6.7.35】

追込馬 【0.0.0.43】

 

圧倒的に先行馬有利の傾向が出ている。

先行馬の勝率が13.4%、連対率が24.9%、複勝率が36.8%

ある程度前で居ないと勝つことが難しいコース。

急坂を2回登りタフなコースでパワーが必要となる。

坂があり直線も短いので、追い込みは決まりにくい。

 

【レース別】

◆前走距離

2000m組 【6.3.5.54】

2200m組 【3.4.1.9】

3200m組 【1.1.0.4】

1200m組 【0.1.0.0】

1600m組 【0.1.0.5】

 

前走から距離延長組が活躍が目立つ

 

◆レース間隔

中10週以上組 【7.7.4.43】

中4周組    【2.0.1.11】

中2周組    【1.1.1.20】

中6周組    【0.1.2.8】

中3周組    【0.1.2.9】

 

中10周以上組がずば抜けて成績が良い

休み明けでも好走する馬が多い。

やはり有力馬が秋の始動戦と言えど走ってくるレース。

 

 

2017オールカマーまとめ

今回は混戦模様という感じで、休み明けの馬よりは夏使った馬を狙ってみようと思う。

パワーもありタフなコースに対応できる。

騎手は中山得意で今回なら重賞の壁乗り越えられる。

と言うことで現時点で最も注目している馬は

 

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク