Pocket

今回は、オーシャンステークス2018GⅢ予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析と

予想オッズを中心とした記事を書いていきたいと思います。

1着馬には高松宮記念の優先出走権が与えられる。

高松宮記念に向けた最終ステップ重賞。

アルビアーノ、ハクサンムーン、

スノードラゴン、カレンチャンと、

ここをステップにして高松宮記念で

3着以内に好走した馬も少なくない。

ただ、この4頭がすべてオーシャンステークスでは

敗れているように、

強いスプリンターが必ずしも能力を

発揮しきれない難しさがある。

ここでは、過去データ(10年分)から

傾向を分析し馬券のポイントを

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【オーシャンステークス2018】予想オッズ

1番人気ナックビーナス        3.1
2番人気レーヌミノル           3.8
3番人気ビップライブリー     5.8
4番人気ネロ                       7.6
5番人気ダイメイフジ          10.0
6番人気ロードクエスト       11.5
7番人気リエノテソーロ       15.4
8番人気スノードラゴン       18.8
9番人気アルティマブラッド 19.8

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【オーシャンステークス2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気 【1.2.1.6】
2番人気 【2.1.0.7】
3番人気 【3.1.0.6】
4番人気 【0.1.2.7】
5番人気 【1.1.1.7】

昨年こそ1番人気のメラグラーナが勝利したが、

それを含めて過去10年で1番人気の連対は3回のみ。

前述の高松宮記念と成績がリンクしない傾向を考えても、

GIで結果を出すような強豪が

信頼しにくいレースであるといえるだろう。

2012年に3連単266万馬券が出たかと思えば、

2017年は5,350円の低配当。

全体的な傾向はつかみにくいが、

ひとつだけ揺るぎないのが

1番人気の不振。

2008年以降【1.2.1.7】で、

勝利を挙げたのは2017年の

メラグラーナのみとなっている。

G1で好走歴のある実績馬が

よく人気に推されるが、

ここはあくまでも前哨戦。

過信は禁物と言える。

アタマは5勝を挙げている2~3番人気、

相手は4~8番人気あたりまでが狙いどころだが、

人気薄の激走も散見されるだけに、

なかなか絞りづらい一戦となっている。

 

【枠順別】

1枠 【2.3.0.15】
2枠 【1.1.1.17】
3枠 【1.2.2.15】
4枠 【2.1.1.16】
5枠 【1.2.1.16】
6枠 【2.0.0.18】
7枠 【0.0.4.16】
8枠 【1.1.1.17】

スタートから250mほど進むと緩やかな3コーナーに入り、

4コーナーを回るまで直線部分がないとあって

外枠が圧倒的に不利な中山芝1200m

このレースも例にもれず、

2008年以降

7枠が【0.0.4.16】、

8枠も【1.1.1.17】と苦戦傾向が続いている。

超のつくハイペースになった際に

直線一気の馬が来ることはあるものの、

2012年カレンチャン、2016年アルビアーノなどの

1番人気が着外に敗れている。

よほど力の抜けた馬でない限り、

外枠は買い控えたい

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.3.0.7】
先行馬 【4.3.3.25】
差し馬 【6.3.4.52】
追込馬 【0.1.3.46】

<上がり3F>

1位   【1.2.2.6】
2位   【5.0.1.12】
3位   【0.1.0.5】
~5位【4.1.4.14】
6位~【0.6.3.93】

<4角位置別>

4角1番手    【0.3.0.7】
2番手以内   【0.3.2.22】
3番手以内   【2.5.3.27】
4番手以内   【4.6.3.32】
5番手以内   【5.6.4.41】
7番手以内   【7.7.6.63】
10番手以内 【10.9.7.84】

2番手以下   【10.7.10.123】
3番手以下   【10.7.8.108】
4番手以下   【8.5.7.103】
5番手以下   【6.4.7.98】
7番手以下   【4.4.5.78】
10番手以下 【2.2.4.58】
13番手以下 【0.0.2.33】
16番手以下 【0.0.0.4】

スプリント戦は前が速くなりがちで、

こと中山芝1200mはスタートから下り坂で

スピードに乗りやすいとあって、

しばしばオーバーペースとなる。

このため4角2番手以内の馬は

2008年以降未勝利で、

実績馬でも勝ちきれていない。

基本的には好位から中団をあたりに付けて

最後の坂を苦にしないタイプを狙うべきレースである

それでもペースが速いと

2012年14番人気3着のベイリングボーイ、

2014年11番人気2着のスノードラゴンのように、

人気薄が上位に食い込むこともある。

 

【世代別】

4歳   【2.1.1.25】
5歳   【5,1,4,32】
6歳   【1.5.1.25】
7歳   【2.2.0.21】
8歳   【0.1.4.19】
9歳   【0.0.0.6】
10歳 【0.0.0.2】

 

【斤量別】

56.0㎏ 【6.6.7.83】
54.0㎏ 【2.3.1.23】
58.0㎏ 【2.0.0.1】
59.0㎏ 【0.1.0.0】
57.0㎏ 【0.0.2.19】

 

【前走別】

<レース別>

ラピスラズリ組 【3.0.0.9】
阪神カップ組    【1.2.1.7】
淀短距離S組    【1.0.1.4】
アクアマリン組 【1.0.0.0】
韓国馬事会杯組 【1.0.0.0】

<距離別>

1200m組 【8.6.6.101】
1400m組 【1.4.3.19】
1600m組 【1.0.1.9】
1000m組 【0.0.0.1】

◆同距離【8.6.6.101】
◆延長   【0.0.0.1】
◆短縮   【2.4.4.28】

<間隔別>

中10週以上組 【4.3.3.41】
中2週組         【2.0.3.3】
連闘組           【2.0.0.4】
中9週組         【1.1.0.4】
中6週組         【1.0.1.8】

過去の結果を見るに

格よりも勢いのある馬を狙うレースと言える。

ローテション別では

海外・地方を含む前走G1出走馬が

2008年以降【0.2.1.10】で、

1番人気に支持された4頭がすべて着外。

G2阪神カップ組は【1.2.1.7】で、

勝利したのは2010年の

キンシャサノキセキのみとなっている。

また、直近の1200m重賞である

シルクロードS組も【0.4.2.49】と

未勝利となっている。

これに対し、アタマで狙えるのが

前走オープン特別組や1600万下を

勝ち上がったばかりの馬で、

2012年以降の勝ち馬はすべて該当する。

特に3勝を挙げている同舞台施行の

ラピスラズリS組に注意したい。

 

【オーシャンステークス2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆1番人気の成績が不振で過信は禁物。

◆外枠が圧倒的に不利。

◆基本的には好位から中団をあたりが良い。

◆最後の坂を苦にしないタイプを狙うべきレース。

◆格よりも勢いのある馬を狙うレース。

 

今回は、オーシャンステークス2018の

過去データ(10年分)の傾向・分析をしました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

オープン昇格後も4、2、5着と相変わらずの堅実ぶりを見せている。

特に前走の阪神Cは、直線で挟まれる不利がありながら、

最後まで食らいついてレコード決着から0.5秒差。

GIII戦なら勝ち星に手が届くところまで力を

つけている。

 

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク