Pocket

今回は、オークス2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京のGI・5連戦の3戦目は、

3歳牝馬の頂上決戦・オークス。

総合力が問われるこの舞台、

桜花賞から舞台は東京2400mに変わり、

3歳牝馬たちはスピードに加えて

スタミナも求められるより

タフなレースに挑む。

桜花賞は4戦全勝の

2歳女王ラッキーライラックの

1強ムードだったが、

結果はアーモンドアイの差し切り勝ちとなった。

史上14頭目の牝馬春2冠がかかるアーモンドアイ、

2歳女王ラッキーライラックを

オークスでもこの2頭が中心になりそうだ。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

馬券に絡みそうな馬を

探っていきたいと思います。

 

【オークス2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価①

<リリーノーブル>

(前回) 栗CW良 末一杯
→84.4 66.9 51.3 37.0 11.3 ⑦

5/9 栗坂不 末一杯
→1回 54.5 39.9 25.4 12.0

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 43.3 27.8 13.0

5/16 栗CW良 一 杯
→79.3 62.6 49.3 36.4 11.8 ⑦

【最終追い切り評価】

今週のCWコースは

非常に時計が速かったが、

それでも芝並みの自己ベストをマーク

少しハミを噛んで、

ピッチの利いた走法・丸めの体形で、

東京2400メートルはどうかだが、

長距離輸送がありながら、

牝馬でこれだけハードに

やれた点は評価できる。

 

<ラッキーライラック>

(前回) 栗CW良 直強目
→84.6 67.1 52.3 38.2 11.6 ⑦

5/9 栗CW不 一 杯
→81.1 65.4 50.9 37.8 11.8 ⑥
レッドエクシードの内1.1秒追走0.1秒先着

5/13 栗CW良 馬なり
→45.9 14.1 ⑨

5/16 栗CW良 稍一杯
→86.0 69.2 53.8 39.1 11.5 ⑧
シャンティローザの外0.7秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

折り合いがスムーズだったし、

ラストは右手前。

しかし切れ味は十分示した。

腹回りをスカッと見せて、

大トビで距離延長も

まったく問題はなさそう。

反応も素晴らしい。

 

<マウレア>

(前回) 栗CW良 強 目
→81.4 66.1 51.8 38.0 12.0 ⑦

5/9 南W重 馬なり
→68.3 53.6 39.8 12.7 ⑥
スピリットソウルの内0.4秒追走同入

5/13 南坂良 馬なり
→1回 56.5 42.1 28.2 14.0

5/16 南W良 馬なり
→68.4 53.1 38.6 12.8 ⑦
アッラサルーテの内0.5秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

もともと動くタイプではあるが、

古馬準オープンを追いかけて

楽にアオッてきた。

力強さは満点で、

気合乗りもいい。

気配は上々。

 

<トーセンブレス>

(前回) 南W良 馬なり
→キリ 12.9

5/9 南W重 末強目
→83.2 68.5 53.9 39.6 13.6 ⑦
ナラトゥリスの内0.9秒追走0.4秒先着

5/13 南W良 馬なり
→59.5 43.7 14.9 ⑧

5/16 南W良 馬なり
→84.0 67.4 52.4 38.2 12.9 ⑧

【最終追い切り評価】

抜群の行きっぷりで、

直線もそのまま力強さ溢れる

フットワークで駆け抜けてきた。

馬体も引き締まって、

前走以上の雰囲気。

 

<カンタービレ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.0 38.8 24.5 11.9

5/9 栗CW不 稍一杯
→84.6 67.4 52.3 37.9 11.9 ⑤
サトノワルキューレの内0.5秒追走クビ遅れ

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 62.7 45.9 29.5 14.4

5/16 栗坂良 馬なり
→1回 52.4 37.8 24.9 12.3

【最終追い切り評価】

1週前にコースでしっかりと追って、

当週が坂路というのは、

勝った前走時と同じパターン。

田辺騎手を背に素軽さ満点の

動きを見せたし、

手応えを考えれば時計も優秀。

少し間隔は開いたが、

万全の態勢で臨めそう。

 

<オールフォーラヴ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→71.2 53.9 39.3 11.5 ⑧

5/10 栗芝重 強 目
→65.0 49.8 36.4 11.6 ③

5/16 栗CW良 強 目
→53.7 38.6 11.9 ⑥

5/18 栗坂良 馬なり
→60.3 43.3 28.2 13.4

【最終追い切り評価】

1週前に芝コースで

しっかりやって直前は終い重点。

1ハロン標過ぎに左手前に

替えた時に少しバランスを崩したが、

ラストは数字以上に切れを

感じさせる動き。

馬体も回復し、張り、毛ヅヤも良好。

デキは高いレベルで安定。

 

<トーホウアルテミス>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 54.9 39.2 25.2 12.3

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 43.0 27.4 13.3

5/16 栗坂良 一 杯
→1回 54.6 39.3 25.4 12.4

【最終追い切り評価】

朝一番。しかも馬場の内目を通る形

だったことを思えば、

強調できる時計ではない。

悪い動きではなかったが、

上昇味には乏しい。

 

<サトノワルキューレ>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 53.2 38.0 24.7 12.6

4/27 栗プール 2 周

5/9 栗CW不 馬なり
→85.1 67.9 52.8 38.3 11.9 ⑥
カンタービレの外0.5秒先行クビ先着

5/16 栗坂良 馬なり
→1回 57.5 41.1 26.0 12.9

【最終追い切り評価】

今回は上がり重点の

追い切りとなったが、

1週前にコースでしっかりと

追われているだけに問題なし。

スムーズに折り合って、

余裕のある動き。

細い感じもなく、

好調をキープ。

 

<シスターフラッグ>

(前回) 栗坂不 強 目
→1回 53.8 38.4 25.0 12.3

5/9 栗坂不 馬なり
→1回 - - - -
アカネコントレイルに0.2秒先着

5/12 栗CW良 馬なり
→73.7 58.2 43.8 13.5 ⑨

5/16 栗坂良 末強目
→1回 52.7 37.4 24.6 12.6

【最終追い切り評価】

四肢がスラリと伸びており、

いかにも芝の長いところが

合っていそうなタイプ。

それでいながら動きは俊敏。

前向きさも十分に感じられた。

状態面に関しては何の不安もない。

 

【オークス2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価①まとめ

今回は、オークス2018

出走馬の調教・最終追い切り後の

評価①まとめをしました。

調教・最終追い切りを見て

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走は、長くいい脚を

使ってくれるとは思ったが、

想像以上の切れ味を発揮してくれた。

カイ食いはすぐに戻って、

テンションも上がりすぎずにいい状態。

距離もコースも経験済みだし、

好レースを期待。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク