Pocket

今回は、オークス2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京のGI・5連戦の3戦目は、

3歳牝馬の頂上決戦・オークス。

総合力が問われるこの舞台、

桜花賞から舞台は東京2400mに変わり、

3歳牝馬たちはスピードに加えて

スタミナも求められるより

タフなレースに挑む。

桜花賞は4戦全勝の

2歳女王ラッキーライラックの

1強ムードだったが、

結果はアーモンドアイの差し切り勝ちとなった。

史上14頭目の牝馬春2冠がかかるアーモンドアイ、

2歳女王ラッキーライラックを

オークスでもこの2頭が中心になりそうだ。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

馬券に絡みそうな馬を

探っていきたいと思います。

 

【オークス2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価②

<レッドサクヤ>

(前回) 栗CW良 一 杯
→67.0 51.5 37.6 11.6 ⑤

5/9 栗CW不 末強目
→7F97.0 64.5 50.8 37.9 12.1 ⑤
ルペールノエルの内0.8秒追走0.6秒先着

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.8 43.0 28.6 13.9

5/16 栗CW良 馬なり
→86.0 68.5 53.1 38.7 11.9 ④
ダノンフォワードの内0.5秒追走0.1秒遅れ

【最終追い切り評価】

胴長で重心の低い走りで、

緩いペースでも折り合いがスムーズ。

肌艶も馬っぷりもいい。

一瞬内にモタれたし、

やや調整が手緩い感じだが、

長距離輸送があるので問題はないか。

 

<パイオニアバイオ>

(前回) 南W重 馬なり
→70.3 54.3 39.6 13.2 ⑦

5/9 南W重 末一杯
→86.0 70.0 54.6 40.1 13.3 ⑥
エンジニアの内0.4秒追走同入

5/16 南W良 馬なり
→82.7 66.6 51.9 38.7 12.8 ⑤

【最終追い切り評価】

少し頭の高い走りだが、

以前の華奢な感じは一切なく、

ひとつひとつの動きが

力強さに溢れている。

ここにきて更に状態は上向き。

 

<サヤカチャン>

(前回) 栗P良 馬なり
→79.0 64.1 50.5 37.3 11.9 ⑦

5/13 栗B良 直強目
→55.0 38.5 12.3 ⑦

5/16 栗P良 馬なり
→80.5 64.1 50.0 36.7 11.5 ⑧

【最終追い切り評価】

使い込まれているので馬なりで。

道中から行きっぷりが良く、

直線も伸びやかな動き。

実戦で結果が出ないが、

元気だけはいい。

 

<アーモンドアイ>

(前回) 南W良 不 明
→キリ

5/9 南W重 馬なり
→82.3 66.6 52.0 38.4 12.6 ④
レッドアルカナの内0.4秒追走0.2秒先着

5/13 南W良 馬なり
→91.9 75.4 59.2 44.0 13.9 ②

5/16 南W良 馬なり
→85.0 68.9 53.6 39.0 12.0 ⑦
レッドローゼスの内0.2秒追走同入

【最終追い切り評価】

必要以上に気持ちを高ぶらせず、

それなりに負荷をかける追い切り。

大きなストライドでいながら、

軸がまったくぶれない

凄いフットワーク。

反応も抜群。

万全の態勢が整った。

 

<ランドネ>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 55.5 40.2 26.0 12.9

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 60.3 43.4 28.4 14.3

5/16 栗坂良 馬なり
→1回 54.9 39.9 26.5 13.1

5/18 栗坂良 馬なり
→59.9 43.2 28.6 14.4

【最終追い切り評価】

力強い脚捌き。

馬体も特に淋しい印象はない。

ただ、ちょっとムキになって、

走っている面は見られた。

2400メートルで折り合えるかが鍵。

 

<ウスベニノキミ>

(前回) 栗坂不 末強目
→1回 56.7 41.0 26.2 12.8

5/9 栗坂不 一 杯
→1回 57.1 41.1 25.9 12.7
フィエルテを0.7秒追走同入

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 40.9 25.5 12.3

5/16 栗坂良 一 杯
→1回 54.4 39.2 25.4 12.7
ピカロに0.5秒先行0.4秒先着

【最終追い切り評価】

道中、いくらか行きたがっていたが、

追われてからの反応は上々。

併走相手をビュンと

突き放してきた。

引き続きデキは良さそう。

 

<ウインラナキラ>

(前回) 栗芝不 馬なり
→85.0 68.6 54.2 40.2 12.9 ②

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 42.3 27.4 13.0

5/16 栗坂良 強 目
→1回 55.1 40.2 25.9 12.6

【最終追い切り評価】

小柄なタイプとあって、

サッと伸ばす程度の

追い切りで十分。

キビキビとした動きだったし、

馬体細化もない。

順調にはきている。

 

<ロサグラウカ>

(前回) 南W良 馬なり
→71.2 55.8 41.7 12.6 ⑧

5/9 南W重 末強目
→85.0 68.4 53.7 39.9 12.9 ⑧
レッドファルクスの外0.8秒追走0.1秒先着

5/12 南坂良 馬なり
→1回 56.8 41.8 28.0 13.8

5/16 南W良 末強目
→53.7 39.1 12.5 ⑦
トルークマクトの内1.2秒追走同入

【最終追い切り評価】

3頭併せの一番後ろから

直線は真ん中へ。

先行のトルークマクトには

見劣ったが、

伸び自体は力強かった。

現時点での態勢は整った。

 

<オハナ>

(前回) 南W重 馬なり
→53.8 39.1 12.7 ⑤

5/10 南W稍 馬なり
→73.0 57.7 43.0 14.5 ⑥

5/13 南坂良 馬なり
→1回 58.7 42.7 27.5 13.4

5/17 南W良 馬なり
→50.5 36.7 12.8 ⑥

【最終追い切り評価】

ブリンカーを着けての追い切り。

もともと気のいいタイプだが、

最後まで集中して

力強さも十分。

細い感じもなく、

気配は良好。

 

【オークス2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価②まとめ

今回は、オークス2018

出走馬の調教・最終追い切り後の

評価②まとめをしました。

調教・最終追い切りを見て

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

追い切った後も

落ち着きがあって

いい雰囲気。

桜花賞時よりも

数字以上に体に実が入った印象。

距離も鞍上は心配していない。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク