Pocket

今回は、オークス2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り評価②を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京のGI・5連戦の3戦目は、

3歳牝馬の頂上決戦・オークス。

総合力が問われるこの舞台、

桜花賞から舞台は東京2400mに変わり、

3歳牝馬たちはスピードに加えて

スタミナも求められるより

タフなレースに挑む。

桜花賞は4戦全勝の

2歳女王ラッキーライラックの

1強ムードだったが、

結果はアーモンドアイの差し切り勝ちとなった。

史上14頭目の牝馬春2冠がかかるアーモンドアイ、

2歳女王ラッキーライラックを

オークスでもこの2頭が中心になりそうだ。

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切りを評価し

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【オークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価②

<トーセンブレス>

(前回) 南W良 馬なり
→キリ 12.9

5/6 南坂良 馬なり
→2回 58.8 43.6 28.9 14.3

5/9 南W重 末強目
→83.2 68.5 53.9 39.6 13.6 ⑦
ナラトゥリスの内0.9秒追走0.4秒先着

5/13 南W良 馬なり
→59.5 43.7 14.9 ⑧

【一週前追い切り評価】

(9日、美浦南W)

1勝馬を追いかけて内へ。

最後は重い馬場で

少し苦しそうにしていたが、

それでも促すとアッサリ先着。

体の張りも良く、気配は上々。

 

<トーホウアルテミス>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 54.9 39.2 25.2 12.3

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 43.0 27.4 13.3

【一週前追い切り評価】

(13日、栗東坂路)

今年に入って既に6戦を消化しているが、

馬体や息遣いなど

特に気になるところはなかった。

 

<パイオニアバイオ>

(前回) 南W重 馬なり
→70.3 54.3 39.6 13.2 ⑦

5/9 南W重 末一杯
→86.0 70.0 54.6 40.1 13.3 ⑥
エンジニアの内0.4秒追走同入

【一週前追い切り評価】

(9日、美浦南W)

追走して内へ。

最後は少しアオられたが、

馬場を考えれば十分な伸び脚。

何よりも間隔がないのに

これだけできるのは好調ならでは。

馬体をフックラと見せて、

デキは文句なし。

 

<マウレア>

(前回) 栗CW良 強 目
→81.4 66.1 51.8 38.0 12.0 ⑦

5/2 南W良 馬なり
→85.4 69.3 54.3 39.7 12.7 ⑥
スピリットソウルの内0.4秒追走同入

5/9 南W重 馬なり
→68.3 53.6 39.8 12.7 ⑥
スピリットソウルの内0.4秒追走同入

5/13 南坂良 馬なり
→1回 56.5 42.1 28.2 14.0

【一週前追い切り評価】

(9日、美浦南W)

首を下げた重心の低いフットワークで、

最後は楽々と並びかけて

上々の時計をマーク。

馬体の張りも良く、

桜花賞の疲れなどは感じられない。

 

<ラッキーライラック>

(前回) 栗CW良 直強目
→84.6 67.1 52.3 38.2 11.6 ⑦

5/6 栗CW良 馬なり
→75.8 59.5 44.4 13.6 ⑧

5/9 栗CW不 一 杯
→81.1 65.4 50.9 37.8 11.8 ⑥
レッドエクシードの内1.1秒追走0.1秒先着

5/13 栗CW良 馬なり
→45.9 14.1 ⑨

【一週前追い切り評価】

(9日、栗東CW)

大きく追走したので、

ラストは詰め寄られたが、

いつものように11秒台をマーク。

思ったよりスカッとした馬体で、

桜花賞時と何ら変化はない。

 

<ランドネ>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 55.5 40.2 26.0 12.9

5/8 栗坂重 馬なり
→1回 59.5 43.3 28.5 14.2

5/9 栗坂不 馬なり
→1回 53.7 39.1 25.6 12.7

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 60.3 43.4 28.4 14.3

【一週前追い切り評価】

(9日、栗東坂路)

気難しさを見せず、

スムーズに走れていた点に好感。

伸びやかなフォームで走れていたし、

馬体も淋しくなった印象はない。

反動や疲れを心配する必要はなさそう。

 

<リリーノーブル>

(前回) 栗CW良 末一杯
→84.4 66.9 51.3 37.0 11.3 ⑦

5/8 栗坂重 馬なり
→1回 61.5 45.2 29.5 14.3

5/9 栗坂不 末一杯
→1回 54.5 39.9 25.4 12.0

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 43.3 27.8 13.0

【一週前追い切り評価】

(9日、栗東坂路)

ゴール前はしっかりと追われたが、

重心の低いフォームで

迫力満点の伸びを見せた。

いつも動くタイプとはいえ、

文句のつけようがない。

 

<レッドサクヤ>

(前回) 栗CW良 一 杯
→67.0 51.5 37.6 11.6 ⑤

5/6 栗CW良 馬なり
→59.1 42.6 12.8 ⑥

5/9 栗CW不 末強目
→7F97.0 64.5 50.8 37.9 12.1 ⑤
ルペールノエルの内0.8秒追走0.6秒先着

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.8 43.0 28.6 13.9

【一週前追い切り評価】

(9日、栗東CW)

前走時同様この馬としては

折り合いがスムーズだし、

好時計を余力を持ってマーク。

デキ落ちはない。

 

<ロサグラウカ>

(前回) 南W良 馬なり
→71.2 55.8 41.7 12.6 ⑧

5/6 南坂良 馬なり
→1回 57.8 42.4 28.6 14.3

5/9 南W重 末強目
→85.0 68.4 53.7 39.9 12.9 ⑧
レッドファルクスの外0.8秒追走0.1秒先着

5/12 南坂良 馬なり
→1回 56.8 41.8 28.0 13.8

【一週前追い切り評価】

(9日、美浦南W)

レッドファルクスを

1秒近く追いかけて外へ。

最後は軽く仕掛けて

先着を果たしてきた。

体を大きく使って、

躍動感溢れるフットワーク。

馬体細化の不安もなく、

力は出せる状態にある。

 

【オークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価②まとめ

今回は、オークス2018

出走馬の調教・一週前追い切り評価②

見てきました。

調教・一週前追い切りを見て

注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

9日の追い切りは

控え目だが

動きは悪くないし、

順調にきている。

もともと距離は延びていい感じで、

まだ良くなりそう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク