Pocket

今回は、エプソムカップ2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切りを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

GⅢながら、

20111年1着ダークシャドウ(11年天皇賞・秋2着)、

12年2着ダノンシャーク(14年マイルチャンピオンシップ優勝)、

13年2着ジャスタウェイ

(13年天皇賞・秋、14年ドバイデューティフリー、同安田記念優勝)、

15年1着エイシンヒカリ(15年香港カップ、16年イスパーン賞優勝)、

15年2着サトノアラジン(17年安田記念優勝)と

後のGIで活躍する馬が目立ち、

今年も見逃せない一戦となっている。

どの馬がエプソムカップ2018を制し

後のGIで活躍するようになるのか、

ここでは、調教・一週前追い切りから

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【エプソムカップ2018】出走馬の調教・一週前追い切り

<アデイインザライフ>

(前回) 南W良 末強目
→68.0 52.2 37.6 12.4 ⑧

5/26 南坂良 馬なり
→1回 53.7 39.3 26.1 13.2

5/30 南W良 馬なり
→68.7 53.7 39.3 12.7 ⑧
ルヴァンスレーヴの内を0.6秒追走同入

6/2 南W良 馬なり
→65.7 50.0 37.1 13.0 ⑧
サーブルオールの外を2.0秒追走同入

【一週前追い切り評価】

同格の僚馬ルヴァンスレーヴを子供扱い。

無理せずに1ハロン12秒7をマークし、

終始折り合いと重心も安定していた。

復帰後では一番いい状態で臨めそう。

 

<エアアンセム>

(前回) 栗坂不 強 目
→1回 53.2 38.7 24.5 12.2

5/31 栗坂稍 馬なり
→1回 53.8 39.0 24.8 12.2

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 60.0 44.6 29.9 15.3

【一週前追い切り評価】

大型馬でも緩さのない馬体で張り、

つやともに良好。

ストライドもよく伸び、

加速ラップを

踏んで迫力十分。

 

<グリュイエール>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 53.9 39.2 24.9 12.3

5/27 栗CW良 馬なり
→43.5 14.0 ⑥

5/30 栗坂良 一 杯
→1回 53.1 38.0 24.4 12.2
リシュブールを0.5秒追走0.1秒先着

6/3 栗CW良 馬なり
→58.1 42.1 12.5 ⑦

【一週前追い切り評価】

長期明けの前走を快勝したが、

中間も順調な攻め過程で

しっかりと負荷もかけている。

反動はなさそうだ。

 

<サーブルオール>

(前回) 南W良 一 杯
→67.4 51.6 38.0 13.0 ⑧

5/30 南W良 強 目
→65.2 49.6 36.4 12.4 ⑧

6/2 南W良 馬なり
→67.7 51.4 37.9 13.0 ⑥
アデイインザライフの内を2.0秒先行同入

【一週前追い切り評価】

単走でびっしりと追われ、

5ハロン65秒2-12秒4の好時計をマーク。

放牧先で乗り込まれ、

馬体、反応に重苦しさはない。

 

<シャイニープリンス>

(前回) 南W良 馬なり
→66.2 51.7 38.8 13.3 ⑥

5/27 南W良 馬なり
→55.3 40.9 13.6 ⑤
シュネルストの内を0.5秒追走同入

5/30 南W良 馬なり
→66.2 51.5 38.0 12.7 ⑥
ディバインコードの内を0.5秒追走同入

6/3 南W良 馬なり
→72.1 56.0 41.3 12.7 ⑧

【一週前追い切り評価】

3頭併せの最後尾から馬なりで楽に

併入に持ち込む。

時計は早く、闘争心も十分。

大敗続きも衰えはない。

 

<スマートオーディン>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.2 67.5 52.2 37.8 11.7 ⑧

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 55.8 40.4 25.8 12.6

5/30 栗坂良 一 杯
→1回 51.0 37.0 24.6 12.8
ストロングタイタンを0.1秒先行0.6秒遅れ

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 57.1 41.4 26.5 12.7

【一週前追い切り評価】

もともと見栄えのする馬体だったが、

2年ぶりでも筋肉が

落ちている感じはない。

調教を積むごとに前向きさも

表面化し仕上げが進んでいる。

 

<ダイワキャグニー>

(前回) 南W良 直強目
→67.5 52.5 38.5 12.5 ⑦

5/31 南W稍 馬なり
→86.8 71.3 56.2 40.7 13.6 ⑥
ミッキーポジションの内を1.4秒先行3F付同入

6/3 南坂良 馬なり
→1回 57.5 42.0 27.6 13.7

【一週前追い切り評価】

6ハロンから格下の僚馬を先導。

時計は地味だが、

終始リラックスした走りで

前走の疲れもなさそう。

 

<トーセンマタコイヤ>

(前回) 南W良 馬なり
→82.4 67.1 52.5 38.5 13.0 ⑧

5/25 南W良 馬なり
→73.3 57.9 43.1 14.7 ⑦

5/30 南W良 馬なり
→82.9 67.6 52.5 38.3 12.7 ⑧
ケルフロイデの内を0.8秒追走同入

5/31 美プール 2 周

【一週前追い切り評価】

格下馬を追走し楽に併入。

手綱を取った柴田善騎手との

呼吸もばっちりで、

柔らかみのあるフォームを見せた。

 

<ハクサンルドルフ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 54.3 39.0 25.3 12.2

5/24 栗坂稍 馬なり
→1回 57.1 41.7 27.4 13.6

5/31 栗CW良 一 杯
→70.4 54.8 39.4 11.1 ⑧

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 63.2 46.1 30.2 14.1

【一週前追い切り評価】

川田騎手を鞍上に迎え、

単走で消化。

ハードに追われて

反応もシャープで、

しまい1ハロン11秒1と

切れ味抜群の伸び脚を披露。

 

<ベルキャニオン>

(前回) 南W重 馬なり
→52.5 37.8 12.5 ④

5/27 南坂良 馬なり
→1回 57.7 42.8 28.5 14.0

5/31 南W稍 末強目
→66.5 50.7 36.3 12.9 ⑥
オメガハートビートの内を1.2秒追走0.2秒先着

6/3 南坂良 馬なり
→1回 57.1 40.9 26.4 13.2

【一週前追い切り評価】

格下馬相手にハードに追われ、

上がり3ハロンは36秒3と

出色の数字を記録。

近走はもどかしい競馬が

続いているが、

これが起爆剤となるか。

 

<マイネルフロスト>

(前回) 南W良 強 目
→70.3 54.4 40.0 13.5 ⑦

5/27 南坂良 強 目
→2回 56.3 41.0 26.1 12.3

5/30 南W良 強 目
→65.9 50.2 37.1 12.5 ⑥
サルーテの内を2.6秒追走同入

6/3 南坂良 馬なり
→2回 57.2 42.1 27.0 13.0

【一週前追い切り評価】

約3秒ほど先行した格下馬に

並びかけてフィニッシュ。

さすがに余力はなかったが、

このひと追いで馬体も絞れるはず。

 

<マイネルミラノ>

(前回) 南W良 馬なり
→72.4 56.2 41.4 13.2 ⑨

5/27 南W良 馬なり
→56.9 42.0 13.2 ⑦

5/30 南W良 一 杯
→82.7 67.3 52.6 39.2 13.5 ⑦
エメラルエナジーの内を0.6秒追走同入

6/3 南W良 馬なり
→53.9 39.5

【一週前追い切り評価】

丹内騎手がまたがって時計を

一気に詰めてきたが、

まだ手先は重い。

休み明けでもあり、

どこまでやれるか。

 

 

【エプソムカップ2018】出走馬の調教・一週前追い切りまとめ

今回は、エプソムカップ2018

出走馬の調教・一週前追い切り評価をしました。

この中で、良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

ここ2戦は1600mで

思うような結果が

出なかった。

今回の距離延長はプラスで

前進見込める。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク