Pocket

今回は、アーリントンカップ2018G3予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析、

予想オッズを中心とした記事

書いていきたいと思います。

昨年までは2月末から3月はじめに

行われていたが、

2018年からNHKマイルカップの

前哨戦としてリニューアルされ

4月開催に移行した。

トライアルレースとして

時期が遅くなり、

3着までに本番への

優先出走権が与えられる。

2018年どの馬がアーリントンカップを

制するのか。

またNHKマイルカップの優先出走権を

得れる3頭はどの馬になるのか。

今回は、過去データ(10年分)

傾向を分析し馬券のポイントを

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【アーリントンカップ2018】予想オッズ

1番人気タワーオブロンドン 2.2
2番人気インディチャンプ    3.7
3番人気レッソヴェイロン    5.6
4番人気ダノンスマッシュ    6.4
5番人気パクスアメリカーナ 8.3
6番人気エアアルマス         15.4
7番人気ラセット               28.2
8番人気ピースユニバース   34.1
9番人気アドマイヤアルバ   44.6

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【アーリントンカップ2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気   【3.1.0.6】
2番人気   【1.1.0.8】
3番人気   【0.2.2.6】
4番人気   【2.0.1.7】
5番人気   【2.1.1.6】
6番人気   【1.1.2.6】
7番人気   【0.0.2.8】
8番人気   【0.0.1.9】
9番人気   【1.2.0.7】
10番人気 【0.0.1.9】
11番人気 【0.1.0.7】
12番人気 【0.1.0.7】

1番人気は勝率こそまずますだが、

ほかの数値は並以下。

2~3番人気も良い数値を

マークしているとは言い難い。

こうした傾向は2008年以降より顕著で、

勝ち馬のうち6頭が4番人気以下であるのに対し、

3番人気以内が制したのは4回と

人気サイドが劣勢の状況。

波乱傾向の強いレースとなっている。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.0.10】
2枠 【0.2.3.7】
3枠 【0.2.3.7】
4枠 【2.2.0.11】
5枠 【0.0.0.17】
6枠 【3.2.0.13】
7枠 【0.1.2.17】
8枠 【4.1.2.13】

8枠の勝率がダントツ。

2008年以降で検証しても

8枠4勝、6枠3勝と外枠が好調だ。

どちらかの枠が毎年のように馬券に絡み、

2014年と2017年には

ワンツーフィニッシュを決めている。

ただし、1枠が1勝、4枠が2勝。

2~3枠も複勝率は上位なので、

中~内枠が割引材料に

なるというわけではない。

 

【脚質別】

逃げ馬 【3.0.2.5】
先行馬 【2.5.2.25】
差し馬 【3.3.2.32】
追込馬 【2.2.4.33】

<上がり3F>

1位   【3.1.2.4】
2位   【0.4.4.3】
3位   【2.3.1.9】
~5位【2.1.0.15】
6位~【3.1.3.64】

<4角位置別>

4角1番手    【3.0.2.5】
2番手以内   【4.2.2.15】
3番手以内   【5.3.2.24】
4番手以内   【5.5.4.30】
5番手以内   【7.6.4.37】
7番手以内   【8.8.6.55】
10番手以内 【9.9.9.80】

2番手以下 【7.10.8.90】
3番手以下 【6.8.8.80】
4番手以下 【5.7.8.71】
5番手以下 【5.5.6.65】
7番手以下 【3.3.5.49】
10番手以下 【1.2.3.24】
13番手以下 【0.0.0.6】
16番手以下 【0.0.0.1】

脚質別成績で目に付くのが、

逃げ馬の各数値の猛烈な高さ。

ただし、これは開幕週開催時の

影響によるものと考えられ、

鵜呑みにはできない。

となれば、次位の先行勢が

有利と言いたいところだが、

2015~2017年は4角5番手以下のワンツー決着。

さらにこの間、4角10番手以下の

待機勢が毎年馬券に絡んでいる。

従来の傾向とは風向きが

変わりつつあることから、

好位~中団やや前あたりが

ベストのポジションと言える。

 

【前走別】

<レース別>

シンザン記念組 【3.2.3.5】
ジュニアC組    【1.1.1.4】
きさらぎ賞組    【1.0.2.3】
京王杯2歳S組  【1.0.0.0】
白梅賞組          【1.0.0.3】

<距離別>

1600m組 【5.8.5.42】
1400m組 【4.1.2.26】
1800m組 【1.0.3.15】
1200m組 【0.1.0.5】
2400m組 【0.0.0.1】

◆同距離【5.8.5.42】
◆延長   【4.2.2.31】
◆短縮   【1.0.3.22】

<間隔別>

中6週組         【3.3.4.9】
中3週組         【3.0.0.21】
中10週以上組 【1.2.0.11】
中5週組         【1.1.0.7】
中2週組         【1.0.2.6】

好走馬を最も送り出している

ステップはシンザン記念組。

前走からの距離短縮組は苦戦傾向。

 

【アーリントンカップ2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆人気サイドが劣勢の状況。

◆枠順は8枠4勝、6枠3勝と外枠が好調。

◆脚質的には好位~中団やや前あたりがベスト。

◆前走レースシンザン記念組は有力。

◆前走からの距離短縮組は苦戦傾向。

今回は、アーリントンカップ2018の

過去データ(10年分)の傾向を

分析しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開します。

この馬→人気ブログランキングへ

 

前走は道中馬群の中で掛かり、

直線でもなかなか進路をとれなかった。

それを考えると、

良く追い上げた。

いい脚をもっている馬ですし、

直線も長い方が良い。

スムーズな競馬ができれば

今回勝ち負けできる。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク