Pocket

今回は、アーリントンカップ2018G3予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

昨年までは2月末から3月はじめに

行われていたが、

2018年からNHKマイルカップの

前哨戦としてリニューアルされ

4月開催に移行した。

トライアルレースとして

時期が遅くなり、

3着までに本番への

優先出走権が与えられる。

2018年どの馬がアーリントンカップを

制するのか。

またNHKマイルカップの優先出走権を

得れる3頭はどの馬になるのか。

今回は、調教・最終追い切りからの

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【アーリントンカップ2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価

<パクスアメリカーナ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→82.0 67.0 51.9 37.9 12.1 ⑥

4/5 栗CW良 一 杯
→79.7 64.6 50.2 37.4 11.6 ⑦
グレイトパールの内0.7秒追走0.4秒先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 58.3 42.5 27.8 13.3

4/11 栗CW良 馬なり
→83.3 67.4 52.2 38.3 11.8 ⑧
ゼンノサーベイヤーの内を0.2秒追走4F併同入

【調教評価】

重心の低い走りで胴長の体形。

その分、大トビで

ダイナミックなフォーム。

攻め駆けする僚馬を

相手に手応えで優勢

古馬準オープンを問題にせず。

高レベルで安定。

一段と動きに迫力が出て、

気配良好。

 

<インディチャンプ>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 53.2 38.7 25.7 13.3

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 57.2 42.5 28.1 14.1

4/11 栗坂良 一 杯
→1回 51.6 37.9 25.3 13.0
サンライズノヴァにクビ先着

【調教評価】

重賞勝ちのある古馬を相手に、

しっかりと先着。

先週ほど軽い馬場状態では

なかった分、

51秒6なら時計的にも優秀。

ラストは甘くなったが、

全体時計は上々。

馬体の張りも目立ち、

気配は絶好。

 

<リュウノユキナ>

(前回) 船橋稍 馬なり
→84.7 67.7 52.1 37.6 12.0 ⑤

3/27
→46.7 30.8 15.1

4/3
→34.6 23.2 12.0

4/10
→36.0 23.9 11.9

【調教評価】

北海道に再転厩。

先週、今週と意欲的に攻めており、

態勢面は整っている。

 

<ラブカンプー>

(前回) 栗CW良 一 杯
→81.9 66.8 53.0 40.3 13.6 ⑨

3/31 栗坂良 馬なり
→1回 54.1 39.9 27.3 14.5

4/6 栗プール 2 周

4/11 栗CW良 バテる
→83.9 70.2 56.7 43.5 15.2 ⑨
ダイメイプリンセスの外1.0秒先行0.3秒遅れ

【調教評価】

序盤からハイラップを

刻んで最後は失速。

単調さが抜けず、

不安の残る内容。

 

<ピースユニヴァース>

(前回) 南坂良 末強目
→2回 53.0 38.7 25.2 12.3

4/4 南坂良 不 明
→2回 52.6 39.2 26.2 13.3

4/8 南坂良 馬なり
→1回 57.2 41.9 27.9 14.0

4/11 南坂良 強 目
→1回 55.3 40.2 25.7 12.5
ノアゴールドを0.6秒追走同入

【調教評価】

四肢を伸ばした

大きなフォームで走れており、

ラストの反応も目を引くもの。

 

<タワーオブロンドン>

(前回) 南坂良 馬なり
→1回 53.2 38.5 24.6 12.1

4/4 南坂良 不 明
→1回 51.2 38.0 25.9 12.9
ティソーナを0.3秒追走0.2秒先着

4/8 南坂良 馬なり
→2回 55.3 40.7 26.3 13.2
トゥルーラヴキッスを0.1秒追走同入

4/11 南坂良 馬なり
→1回 53.5 38.8 25.5 13.1
キングドラゴンを2.1秒追走同入

【調教評価】

アイシールドを着用して、

首をリズミカルに振り、

たぐるようなフットワーク。

スムーズに右手前に替えると、

外の2頭に馬体を併せにいって、

力感にあふれた

ダイナミックなフォームで

ラストの伸びも破壊力十分。

好態勢。

 

<アリア>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 52.6 37.9 24.8 12.7

3/28 栗坂良 馬なり
→1回 53.3 38.6 25.3 12.6

4/4 栗CW良 一 杯
→82.9 66.9 52.0 38.2 11.9 ⑧

4/11 栗坂良 馬なり
→1回 53.9 39.0 25.5 12.5

【調教評価】

ひと叩きされて、

動きに素軽さが出てきた。

気合乗りも良化し、

気配は上々。

 

<イルルーメ>

(前回) 南W良 不 明
→キリ

4/11 南W良 直一杯
→67.6 51.3 38.0 12.3 ⑧

【調教評価】

エンジンのかかりが良く、

ゴール前も勢い十分の伸び脚。

上積みが見込める。

 

<ウォーターパルフェ>

(前回) 栗坂不 末強目
→1回 56.6 40.8 26.2 12.9

4/4 栗坂良 馬なり
→1回 53.5 39.0 25.6 12.8

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 59.5 42.9 27.9 13.9

4/11 栗坂良 強 目
→1回 58.4 42.2 26.7 12.7

【調教評価】

全体時計は目立たなかったが、

追われてからの反応はまずまず。

状態はいい。

 

<エアアルマス>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.7 39.3 25.3 12.4

3/29 栗CW良 馬なり
→84.0 68.3 52.2 37.5 11.4 ⑧
エルフィンコーブの外0.6秒先行0.1秒先着

4/6 栗CW良 馬なり
→86.6 69.2 53.2 39.1 11.5 ⑤
アーデルワイゼの内0.4秒追走同入

4/11 栗CW良 末強目
→84.5 67.3 52.4 38.7 12.4 ⑥

【調教評価】

馬なりでサッと

流す程度だったが、

力みがなく軽快な脚さばき。

体は小さめで牡馬にしては

仕上がり早や。

稽古量も足りている。

太め感もない。

切れ味十分のフットワーク。

休養前のパフォーマンスはできている。

 

<レッドヴェイロン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.3 38.2 25.4 13.1

3/28 栗CW良 強 目
→81.4 66.1 52.3 39.2 12.6 ⑥
プルンクザールの内同入

4/4 栗CW良 馬なり
→83.9 69.3 55.5 41.4 13.2 ⑤

4/11 栗坂良 一 杯
→1回 54.1 39.9 26.3 13.0
シャイニーゲールに0.4秒先着

【調教評価】

まだ少し若いような面も

見られる走り。

ただ、追い比べでは

しっかりと先着してきたし、

力強い脚さばきで

グイグイと登坂。

ラストも数字以上に

しぶとい走りを見せた

張りのいい馬体も目立つ。

好調をキープ。

 

<ラセット>

(前回) 栗CW良 馬なり
→83.8 67.4 51.7 37.7 11.9 ⑦

4/4 栗CW良 直強目
→82.8 65.7 50.3 37.0 12.3 ④
コカボムクイーンの内0.5秒追走0.1秒先着

4/8 栗CW重 馬なり
→60.6 45.1 15.2 ⑦

4/11 栗CW良 末強目
→83.8 66.9 51.8 38.6 12.0 ⑦
ファスナハトの外を0.2秒追走3F併アタマ先着

【調教評価】

小気味いいフットワークで

前進気勢にあふれる動き。

道中掛かり気味も、

ラストの動きはしっかり。

ひと息入るも、依然好調。

テンションの高さは相変わらずだが……。

 

<ダノンスマッシュ>

(前回) 栗CW良 一 杯
→78.7 63.4 49.6 36.4 11.7 ④

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.0 41.3 26.5 12.7

4/4 栗CW良 馬なり
→81.2 66.1 51.4 38.2 12.3 ⑦
アエラスの内1.4秒追走0.5秒先着

4/11 栗坂良 馬なり
→1回 55.6 40.8 26.3

【調教評価】

ひと叩きされて、

動きにいい頃の活気が出てきた。

気配は順当に上向いている。

 

【アーリントンカップ2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は、アーリントンカップ2018

出走馬の調教・最終追い切り後の

評価しました。

調教・最終追い切りを見て

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

今回は、距離短縮で

レースはしやすくなるはず。

動きも良く、引き続き状態はいい。

少々の雨なら大丈夫。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク