Pocket

今回は、アルデバランステークス2018の無料予想とコース紹介(京都ダート1900m)

を中心とした記事を書いていきたいと思います。

京都ダート1900mで行われるアルデバランステークス2018ですが、

今年は、前に行きそうな馬が少ない組み合わせになっている。

こうなってくると、当然狙い馬は先行馬。

先行馬を中心にした馬券を組んでいきたいと思います。

 

まずは枠順と現時点のオッズから見ていきます。

【アルデバランステークス2018】枠順

1枠1番ナムラアラシ
1枠2番ヒロブレイブ
2枠3番ストロングサウザー
2枠4番メイショウイチオシ
3枠5番シャイニービーム
3枠6番カフェリュウジン
4枠7番モルドアルジェンテ
4枠8番アングライフェン
5枠9番ラインルーフ
5枠10番マイネルオフィール
6枠11番サンマルディーク
6枠12番サンライズホーム
7枠13番タムロミラクル
7枠14番タガノディグオ
8枠15番ドラゴンバローズ
8枠16番メイプルブラザー

 

【アルデバランステークス2018】オッズ

1番人気タムロミラクル        3.8
2番人気ラインルーフ           5.0
3番人気ヒロブレイブ           6.2
4番人気マイネルオフィール  7.3
5番人気ナムラアラシ         10.6
6番人気タガノディグオ      15.6
7番人気ドラゴンバローズ   15.8
8番人気シャイニービーム   17.0
9番人気メイプルブラザー   19.1

 

【アルデバランステークス2018】コース紹介(京都ダート1900m)

スタート地点はスタンド前の直線半ばよりやや4コーナー寄り。

1コーナーまでの距離は約380m。

そこから2コーナーへと続き、バックストレッチは約400m。

ラスト1000m付近の中盤で、高低差3.0mのなだらかな坂を上る。

芝コースと同様に3コーナー入口が坂の頂上で、

3~4コーナーの下り坂を経て直線へ。

最後の直線は平坦で329m。

かつては積雪時に芝レースがダートに変更になった際のみ使用されていたが、

2009年より通常の番組に組み込まれるようになった。

ホームストレッチからのスタートで、流れはダート1800mとほぼ同じ。

1コーナーまでのポジション争いが重要で逃げ・先行勢が有利だ。

ペースが落ち着くのはバックストレッチに入ってから。

そして3コーナー出口付近からペースは上がる。

差し、追い込み馬ならここからロングスパートが必要

4コーナーで2番手以内の馬の連対率は40%を超える。

枠順はフラット。

種牡馬成績はアグネスタキオン、クロフネ、ブライアンズタイム、

ワイルドラッシュ、ダンスインザダーク、シンボリクリスエスが上位。

京都ダートに共通する、芝も得意な種牡馬が優秀な成績を収めている。

 

【アルデバランステークス2018】無料予想

<展開予想>

ペース:M
逃げ 09
好位 05.10.03.13
中位 一団
後方 06.02.11.04

<印付き予想>

人気ブログランキングへ

前走は1角でゴチャついて外から寄られて不利があって
リズムを崩してしまっての敗戦…
スムーズに運べれば、もっとやれて良く、
このメンバーで乗り替わりもあるなら一変に期待したい。

〇09ラインルーフ

今回は、同型の馬が少なく展開利が大きい
更に直線の平坦な京都なら更に粘りが増しそうで、
粘りこみに期待。

▲10マイネルオフィール

ズレた距離がいいタイプのスタミナ型先行馬
2番手で進んでバテない強みを生かしたい所。
昇級緒戦微妙な面あるが、距離、コース向き、
先行流れ込み要注意

☆06カフェリュウジン

もともと冬場は元気な馬だし、
年齢の割に若々しさがある
京都の軽いダートが合うタイプ
今のデキの良さでオープン馬相手に付け入る隙は
合っても良い。

△0213

×010708111415

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

 

<買い目>

馬連

◎-〇▲☆△

三連複

◎-〇▲☆△

◎-〇▲☆-印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク