Pocket

今回はアルゼンチン共和国杯2017の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週は東京競馬場芝2500mでアルゼンチン共和国杯が行われます。

この東京芝2500mという舞台は、

目黒記念とアルゼンチン共和国杯の1年で2回しか使用されないコースです。

ハンデ戦と言うことで、毎年予想の難しいレースになっています。

近年、アルゼンチン共和国杯は比較的平穏決着となっているが、

今年はどのようなレースになるか、過去データから分析していきたいと思います。

そのまえに…
まずは天皇賞(秋)22017の結果報告から行っていきたいと思います。

【天皇賞(秋)の結果報告】

<実際に公開した予想>

◎05ヤマカツエース(2.3着狙い)
〇02サトノクラウン
▲10ミッキーロケット
☆12ステファノス
穴08レインボーライン
△03040709
×131418

 

【結果】

1着△07キタサンブラック
2着〇02サトノクラウン
3着穴08レインボーライン

穴推奨のレインボーラインが激走しるも
◎05ヤマカツエースが11着という結果に終わり馬券不的中。
2週連続で穴推奨の馬が激走してくれているのに、
本命の馬が飛んで外してしまいました。
軸の精度が低いのでもっと研究して上げていかないといけないです。

 

それではアルゼンチン共和国杯2017の過去データから分析していきたいと思います。

【アルゼンチン共和国杯2017】

まずは予想オッズから見ていきましょう。

【予想オッズ】

1番人気スワーヴリチャード     2.3
2番人気アルバート                 2.8
3番人気セダブリランテス        5.9
4番人気プレストウィック        9.2
5番人気デニムアンドルビー     15.7
6番人気ソールインパクト        20.4
7番人気カレンミロティック     27.1
8番人気レコンダイト              29.2
9番人気ハッピーモーメント     33.8

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【コース】

東京芝2500m

スタート地点は正面スタンド前左の直線坂下。

芝2400mのスタート地点より100m左側へ移動しただけだが、坂下からのスタート。

ゴールまでに2度の坂超えが必要となる。

最初の1コーナーまでの距離は約450m。1コーナー~2コーナーにかけてはほぼ平坦。

約450mある長いバックストレッチを通り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。

3~4コーナーにかけては下り坂になっている。

最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。

東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

スタンド前直線の坂下からスタートし、すぐに上りとなるため2400mよりもテンは落ち着く傾向。

直線の坂を2度上ることもあり、ゴール前は瞬発力に加え、スタミナも必要。持久力勝負になりやすい。

同じ競馬場で100m違うだけではあるが、異なる資質が求められることが特徴。

 

好走枠→内枠(勝率:4.9%)(複勝率:19.5%)

好走脚質→差し(勝率:11.5%)(複勝率:26.9%)

 

【過去データ】(10年)

【人気別】

1番人気 【2.1.1.6】
2番人気 【4.2.0.4】
3番人気 【2.1.4.3】
4番人気 【0.5.0.5】
5番人気 【0.0.0.10】

近年、アルゼンチン共和国杯は比較的平穏決着となっていて人気馬が、
好走する傾向にあります。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.1.16】
2枠 【2.1.2.15】
3枠 【2.1.0.17】
4枠 【0.2.2.16】
5枠 【1.2.1.16】
6枠 【3.1.1.15】
7枠 【1.2.2.22】
8枠 【0.1.1.25】

枠順の有利不利はなく、ある程度前にいける馬が好走している。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.0.0.9】
先行馬 【4.3.2.24】
差し馬 【5.7.5.62】
追込馬 【0.0.3.47】

逃げ・先行が圧倒的に有利な成績になっております。
パワーとスタミナ勝負になるので、あまり後ろからの馬は厳しい傾向にある。

 

【4角位置別】

4角1番手    【1.1.0.8】
2番手以内   【3.3.1.22】
3番手以内   【4.3.2.28】
4番手以内   【5.3.2.33】
5番手以内   【7.3.4.45】
7番手以内   【8.5.5.58】
10番手以内 【10.9.7.79】

2番手以下   【9.9.10.134】
3番手以下   【7.7.9.143】
4番手以下   【6.7.8.114】
5番手以下   【5.7.8.109】
7番手以下   【3.5.5.90】
10番手以下 【0.2.3.69】
13番手以下 【0.0.2.38】
16番手以下 【0.0.1.15】

 

【世代別】

3歳   【0.0.2.1】
4歳   【8.4.4.26】
5歳   【0.4.3.42】
6歳   【2.2.1.34】
7歳   【0.0.0.16】
8歳   【0.0.0.15】
10歳 【0.0.0.2】
11歳 【0.0.0.1】

4歳馬が圧倒的に良い成績を残しています。

 

【斤量別】

56.0㎏ 【3.3.1.22】
57.0㎏ 【2.1.0.17】
55.0㎏ 【1.3.4.19】
57.5㎏ 【1.2.1.6】
58.0㎏ 【1.0.1.10】

重い斤量を背負った馬が活躍をしています。
スピードはあまり重要ではなく、パワー・スタミナがいるコースですので多少の
斤量を背負っていても、
コース適性の高い馬が好走できるレースである。

 

【前走別】

<レース別>

オールカマー組 【2.3.0.17】
オクトーバー組 【2.2.1.7】
アイルランド組 【2.0.2.11】
宝塚記念組       【1.1.0.4】
札幌記念組       【1.0.1.2】

<距離別>

2200m組 【5.4.1.24】
2000m組 【3.1.4.31】
2400m組 【2.4.4.41】
3200m組 【0.1.1.4】
1600m組 【0.0.0.1】

<間隔別>

中2週組         【3.0.2.17】
中3週組         【2.5.4.43】
中5週組         【2.3.0.19】
中10週以上組 【2.2.4.25】
中1週組         【1.0.0.9】

 

【アルゼンチン共和国杯2017まとめ】

◆近年、比較的平穏決着となっている。

◆人気馬が、好走する傾向にあります。

◆パワーとスタミナが必要とされる。

◆コース適性の高い馬が好走できる

◆4歳馬が圧倒的に良い成績を残しています。

◆パワーとスタミナ勝負になるので、あまり後ろからの馬は厳しい傾向にある。

 

現時点で最も注目している馬は人気ブログランキングにて公開!

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク