Pocket

今回は、きさらぎ賞2018の無料予想と予想オッズ、過去データ(10年分)の

分析を中心とした記事を書いていきたいと思います。

このきさらぎ賞は、スペシャルウィークやナリタトップロード、

ネオユニヴァース、近年ではサトノダイヤモンドが制してきた、

名馬への登竜門的存在のこのレース。

京都外回りとはいえ連続開催の後半、

そして冬季ということもあり、切れ味に加えてパワーも求められる、

そういうレースになっている。

それではきさらぎ賞2018を過去データ(10年分)から分析していきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【きさらぎ賞2018】予想オッズ

1番人気ダノンマジェスティー 2.2
2番人気グローリーウェイズ      3.1
3番人気カツジ                        3.6
4番人気レッドレオン              11.0
5番人気サトノフェイバー        18.8
6番人気ノーブルカリナン        29.3
7番人気エポカドーロ              34.9
8番人気ニホンピロタイド        41.8
9番人気ラセット                    44.6

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【きさらぎ賞2018】過去データ(10年)の分析

【人気別】

1番人気 【4.3.0.3】
2番人気 【1.2.4.3】
3番人気 【1.0.2.7】
4番人気 【0.2.0.8】
5番人気 【1.2.0.7】

過去10年分の人気別成績を見ると、

1番人気は連対率70%、複勝率70%という、優秀な成績を残している。

2~3番人気の各数値も悪くなく、

全体的に人気サイドが強いレースだと言える。

対照的に2桁人気の超人気薄は連対ゼロの低空飛行。

基本的に固く収まるけいこうがあるので、

人気薄を狙うならば、4~5番人気や6~9番人気など、

中穴に限定してもいいと言える。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.0.8】
2枠 【1.2.0.8】
3枠 【2.1.2.6】
4枠 【0.1.2.9】
5枠 【1.2.0.10】
6枠 【1.1.1.11】
7枠 【2.1.3.9】
8枠 【2.1.2.12】

最初のコーナー進入までの距離が約900mもある、

かなり特殊なコース形態であるゆえに、

枠順による有利・不利は小さめ。

枠順別成績を見てもわかるように、

大きな偏りはないものと差し支えない。

ただし近年の傾向を見ると、

4番人気以下の好走馬は1~4枠が大半を占めている。

人気薄の場合は、ロスなく立ち回れる

内枠の馬を優先したほうがいいと言える。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.3.0.6】
先行馬 【5.2.2.28】
差し馬 【4.0.4.16】
追込馬 【0.5.4.22】

<上り3F>

1位   【4.3.2.1】
2位   【3.3.2.5】
3位   【2.0.4.3】
~5位【1.1.2.16】
6位~【0.3.0.47】

<4角位置別>

4角1番手    【1.3.0.6】
2番手以内   【2.3.1.22】
3番手以内   【4.4.1.23】
4番手以内   【6.5.2.34】
5番手以内   【7.5.3.40】
7番手以内   【9.6.8.53】
10番手以内 【10.8.9.64】

2番手以下   【9.7.10.66】
3番手以下   【8.7.9.50】
4番手以下   【6.6.9.49】
5番手以下   【4.5.8.38】
7番手以下   【3.4.4.27】
10番手以下 【0.2.1.10】
13番手以下 【0.0.0.2】
16番手以下 【0.0.0.0】

先行と差しの数値に大きな優劣は見られず、

脚質面における有利不利はあまりないと言える。

それよりも重視したいのは末脚である。

2008年以降の3着以内馬の約7割が上がり3F順位3位以内。

上がり1位に限れば、複勝率は90%にまで跳ね上がる

よって、馬券構築の際には速い上がりを出せる馬を狙うに限る。

そのほうが、効率は格段に良い。

 

【東西別】

関東馬【1.1.1.4】

関西馬【9.9.9.69】

 

【キャリア別】

1戦【0.0.0.8】
2戦【4.3.0.12】
3戦【3.4.5.9】
4戦【2.2.3.15】
5戦【0.1.2.5】
6戦【1.0.0.0】
7戦【0.0.0.6】
8戦【0.0.0.8】

クラシックを見据えた3歳馬の有望株が激突する一戦。

それだけに、新馬勝ち直後のキャリア1戦馬は分が悪く、

2004年3着のハーツクライを最後に上位進出馬は出ていない。

もっとも、キャリアが多ければ良いというわけでもない。

2012年以降は、キャリア2戦馬の活躍が目立ち、

4勝、2着3回の素晴らしい成績を残している。

なかでも、2戦2勝馬のパフォーマンスは特筆モノ。

3勝を含む連対率100%という圧倒的な強さで、

他の追随を許さない存在となるくらい優秀な成績を残している。

 

【前走別】

<レース別>

福寿草特別組    【1.3.2.4】
朝日杯FS組    【1.0.3.5】
シンザン記念組 【1.0.1.5】
百日草特別組    【1.0.0.0】
全日本2歳優組 【1.0.0.2】

<距離別>

2000m組 【6.4.3.24】
1600m組 【3.0.5.22】
1800m組 【1.6.2.19】
2400m組 【0.0.0.1】
1200m組 【0.0.0.2】

◆同距離 【1.6.2.19】
◆延長    【3.0.5.29】
◆短縮    【6.4.3.25】

<間隔別>

中3週組         【2.2.3.12】
中5週組         【2.1.1.6】
中6週組         【2.0.2.7】
中10週以上組 【2.0.1.7】
中8週組         【1.4.0.0】

さまざまなレースから好走馬が出ているが、

重賞組よりも500万組の好走が目立っている

5重賞組を見ると、京都2歳S組の好走はOP特別時代でのもの。

朝日杯FS組は【1.0.3.5】で、

阪神施行になってからは【1.0.2.1】(勝率25.0%、連対率25.0%、複勝率75.0%)

と好調だ。

ちなみに、3歳未勝利組は1勝2着2回3着1回、

2歳未勝利組が3着2回であるように、

未勝利勝ちしたばかりの馬でも通用するレースということになる。

 

【きさらぎ賞2018】過去データ(10年分)まとめ

◆1番人気は連対率70%、複勝率70%という、優秀な成績。

◆4番人気以下の好走馬は1~4枠が大半を占めている。

◆人気薄の場合は、ロスなく立ち回れる内枠の馬を優先。

◆末脚重視。

◆新馬勝ち直後のキャリア1戦馬は分が悪い。

◆キャリアが多ければ良いというわけでもない。

◆キャリア6戦以上の馬は馬券内にも絡んでない。

◆速い上がりを出せる馬を狙う

◆重賞組よりも500万組の好走が目立っている。

◆未勝利勝ちしたばかりの馬でも通用するレース

 

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク